鋳物ホーローの傷のこすり方 

アメリカのコーラー社のキッチンシンクを自宅で使っています。


鋳物ホーローというものです。ステンレスではありません。


 


フランパンを当ててしまうと小さな傷がつくことがあります。


底の部分はキッチンマットを敷いているので、キレイなものです。


がふちあたりにちょいちょい 下記の写真のような傷がついてます。


 


5年目のキッチンで、はじめてのこすり作業です。


 


 



 



 



 


 


用意するものは 金属磨きのピカールと激落ち君(メラミンフォーム)のみ、いやあとは必要なのはパワー(人力)かな。



↓ これくらいつけてまずはこする



↓ 写真のような軽くこする感じで落とせるレベルではありません。もっと力を籠めないといけません。



 


↓ メラミンフォームをつぶして、ギュリギュリこすります。キュイキュイと音が出ますが続けます。



 


↓ 場合によって、手のひらで全体重をかけてこすります。横にこすったり。ぐりぐりしたりです。あらゆる方向からがベターです。



 


↓ 今回は箇所数が多かったので。一つ目のメラミンフォームの塊は右のようになりました。


 新しいものにチェンジです。



 


↓ まっさらとは言えませんが、かなりのレベルまでキレイになりました。



 


↓ きずはほぼ見えない状態までになっています。



 


今回は時間がかかってしまったように思います。6~8分はコシコシしておりました。


傷が小さければ一瞬で落ちるものも結構あります。


 


これであなたも鋳物ホーローのキッチンや浴槽でもばっちりですね



資料請求はお気軽にこちらへ


 


岡山でもメンテナンス講習会 2011年09月20日 | ☆イベントレポート


モデルハウスの床のゴシゴシ


http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/40e2924e372455cbe2ebd5e3617de027


 


↓過去の記事

無垢材のメンテナンス方法

http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/b1c109f5e60262e63fdddc6f5af30e97

使う石ケンはやっぱりシャボン玉石ケン
重曹、灰 で真鍮を磨く  というのもみてね


 


http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/3f2bc8654b097d7626bd5d0182ca79df

スポンサーサイト

昔の記事リバイバルシリーズ「無添加住宅独自の考え その1 有機物よりも無機物のほうがよい」

無添加住宅独自の考え その1 有機物よりも無機物のほうがよい


2013年12月08日 | ★★読んで欲しい記事★★無添加トリビア




 


http://www.mutenkahouse.jp/about/whatis/


 


一般的に『有機』野菜、『有機』農法と表現されることから、


「有機物」も体にいいのでは? と思われる方が多いと思います。


しかし、無添加住宅では、「有機物」より「無機物」のほうが、


自然科学的な視点からより安全であると考えています。


 


「有機」「有機」って流行っているけど、ダメなの?と


思われるかもしれませんが、表現する言葉の意味が全然違うので、


ちょっと整理したいと思います。


 


無添加住宅では、住宅に使われる素材を


「無機物」


「有機物」


「化学建材」


と3つに分けて分類して考えています。


 


ここで表現する「無機物」とは


  ・石 漆喰 タイル 鉄 アルミ 真鍮 ステンレス ホーロー ガラス 磁器 土


 


「有機物」とは


  ・木(フローリング、構造材、米糊集成材) 草 紙 炭化コルク 


  「有機野菜」の有機の意味と違うのは、ここでの「有機物」はいわゆる植物から作られたもの全般を指しています。


 


 


ちなみに「化学建材」は


  ・ビニール プラスチック


 


 


「健康住宅は、自然素材の木をふんだんに使って建てれば大丈夫!」と思っている工務店でもまだまだたくさんありますが、


我々は、そうではないと思っています。


「有機物」である植物は、生命連鎖の中で虫や菌から自分を守るために、天然の化学物質である毒を持っています。


一方、「無機物」は生命活動に関わっていないため毒を持つ必要がなく、重金属や放射性物質を除けば人間には無害なものです。


 


かと言って全部、無機物であるステンレスで住宅をつくっても、まったく快適ではないでしょう。


バランスです。


「有機物」と「無機物」のバランスがいいように。


昔の日本がそうだったように土や木、草や紙などのバランスのよい「有機物」「無機物」の空間がよいと考えています。


 


より詳しい資料が必要な方はお気軽にこちらへ


昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 2005年「アクセントにアイアンで造作の棚受け ト音記号と八分音符」

アクセントにアイアンで造作の棚受け ト音記号と八分音符


2006年08月29日 | ★★読んで欲しい記事★★無添加トリビア

 


狭い我が家のアクセントに


アイアンでオリジナルアイテムを作りました。


棚受け金物です。



 


トイレの棚板への取り付けています。




 


来客時に、食いつかれる人と無反応の人ときっぱり分かれます。


食いつかれる人にはちょっと自慢します。


↓ 楽譜を並べる棚を支えるのはしっかりとした大きさのものにしました。


こんなデザインのものだったらいくらくらい?って聞いたら実物が出来てしまっておりました(笑)



 


↑ 上記は前に住んでいたマンションを無添加住宅フルリノベーションしたあとの記事ですので現在私は住んでいません。別の戸建てフルリノベーション物件のほうに住んでおります。

昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 2005年「賃貸マンションに漆喰とタイル」

 


賃貸マンションに漆喰とタイル http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/1e592db6925b9aa6c22605689330cfdc


2005年12月19日 | ☆施工例集

 




 


 古い分譲マンションの一室をリフォームして賃貸の募集をしました。


築年数は30年は超えています。神戸の青木という地域のマンションです。


ただ、クロスを張り替えるのではなく、オリジナルの漆喰を塗りを塗り、


床にはクッションフロアを貼らずに弊社の取り扱っている磁器タイルを貼りました。


 浴室はそのままで、ユニットバスのままです。


キッチンも古いボンドまみれのキッチンのままです。


 特別に化学物質過敏症の方用に作ったわけではないのですが、


意外にも千葉から化学物質過敏症の方がわざわざ内覧に来られ結局、


借りられることになりました。


ただ、漆喰とタイルを塗っただけの部屋なのですが、


たいぶ今のお住まいであるところに比べたらマシとのことです。


 漆喰の効果ってすごいなぁーと改めて感じました。


私はオリジナル漆喰塗りの事務所の中で


5年もいるので漆喰の空気のきれいさに 


慣れすぎてしまっているのかもしれません。


このオリジナル漆喰の空気のよさをもっと多くの人に


「体感」してもらわなければ!と思いました。


 


さて、 賃貸用のマンションでも長い目で見たときは、


ビニールクロスより無添加住宅のオリジナルの漆喰のほうがコストが安く済みます。


 ↓


オリジナル漆喰は、初期投資はビニールクロスよりもコストがかかる可能性が高いのですが、賃借人が退去された際に、ビニールクロスの張替えよりもコストの安い改装工事が可能だからです。



具体的には漆喰を「塗りなおす」のではなく、「上塗り」するという作業になります。


   ○目立つ汚れをサンドペーパーで落とし、 


  ハケで薄く溶いた漆喰を塗る その際には、


  当然ビニールクロスを貼るボンドも使いませんので、


  新しく入居される方のシックハウスの害も心配ありません。


  さらにまだ仮説の段階ですが、ビニールクロスと違い、


  静電気を発生させにくいようで、もともとビニールクロスと


  違い汚れがつきにくいようです。


  今後、化学的にこの点のデータを拾って生きたいと思います。


 


 


無添加住宅オリジナル玄関ドア のメンテナンスin自宅


 


引っ越しして2年を経過の自宅の玄関ドアが今年の大雨で色落ちが激しかったので


柿渋の塗り直し。



普通の雨なら玄関ドアには当たらないんですが、


さすがにあの台風ではたっぷり雨水がかかてしまいました。


写真は柿渋塗り後、一週間経った状態。いい色に変化してきました。




一度雨で木の油分が抜けたので、その後に塗るとグイグイに染み込む感じでした。


柿渋原液塗り後、無添加住宅オリジナルワックスを


少し多めに擦りこんで作業時間全部でだいたい25分くらい。




道路を歩く小学生が「なんかにおわない?」っていいながら歩いてましたが、


その原因は柿渋です。


道路までにおうのは数時間ですが、三日もすると臭いは無くなります。


三日臭うといっても、玄関ドアを開ける時に感じる位なんで、道路まで臭うのは数時間です。


部屋までも臭いません。



有機溶剤を使わない。


自然のものの変化を楽しむ。という意味で柿渋は面白い




写真でなんとなくグラデーションがかったようになってます。


塗る前の段階でドアの下のほうが色が薄くなっていたり、


柿渋塗るのもしたの方を濃くするように意識したりしたのも要因でしょう、


さらにこの一週間の太陽の光で変色が進みいい感じになりました。




アイアンの取っ手と木の取っ手と迷いましたが、今回は触りこごち優先で木にしました。




10月末まではハロウィン仕様です。


その後は、クリスマス仕様。




資料請求はお気軽にこちらからどうぞ→https://www.mutenkahouse.jp/request/



秋晴れとコーラルストーンのアール壁in加古川

 


街のシンボルになるおうちが出来ました。


秋の空によく映えます。


 



 


昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 「久しぶりにトリビア 米のり集成材」

久しぶりにトリビア 米のり集成材


2010年08月07日 16時18分02秒 | ★★読んで欲しい記事★★無添加トリビア

http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/cfe5dd32056717a580f0919490bf4f6c


 


 


「無添加住宅」のドアや棚板、キャビネットなどは

一般的な木工用ボンドなどは使わず

「米のり」

を使ったものを使います。


ショールームやモデルハウスに入った際に見える
木と木をくっつけた板が「集成材」と言われるものです。
その木と木をくっつけるものにボンドでは無く

米のり。


ホームページでの簡単な説明↓
http://www.mutenkahouse.jp/idea/02.html



よく聞かれる質問で
「はがれませんか?」


初期の頃は、失敗してコンテナで買った商品を
丸々ゴミにしたこともあります。

設置後、バラバラになったこともあります。

今はそのような問題も乗り越えて作られているので、
安心してもらってもいいと思います。






その工夫は、一般的な作り方と違った「ノウハウ」になりました。

その「秘密」のうちのひとつに


「木と木のくっつけ方」があります。

そして、それは「米のり集成材」の証





ホームセンターのボンドを使った集成材とは違う
「木と木のくっつけ方」をしているんです。





さらに詳しくは

インドネシア松の集成材と
シンゴンの集成材    では「木と木のくっつけ方」が違うのです。

これは「木」の樹種の違い、性能によるものなんです。


↓写真はイン松の「木と木のくっつけ方」のオリジナリティーがわかる部分に
モザイク(笑)かけてみました。
いったいどんな風にくっついているかは、
お近くの代理店さんのモデルハウスやショールームにて
実際にご確認下さいね。






↓ これは左から
イン松の30mmの厚さ、シンゴンの30mmの厚さ、シンゴン16mmの厚さの
の小口(こぐち、断面)です。

実はシンゴンという材料では一般的な接着方法をしています。
イン松だけが特殊なんです。
ホームセンターではシンゴンの集成材なんてものは売っていないので
見比べることもないでしょう。








↑座面をシンゴン材にしたイスの小口。
イン松のように特殊な形状はしていない。
座面以外の下の部位はイン松で作られているというもの。
余り材でつくったこのイスが座り心地がよいと結構、好評なんです。


 ↓ これはパイン材の一般的なボンドを使った集成材の小口(断面)
シンゴン材と小口が同じです。
ホームセンターで並んでいるパイン(松)の集成材と同じです。







米のりが使われているかどうか?のチェックは小学校で習います。

じゃがいもにデンプンが含まれているかどうかを
ヨウドチンキをかけて調べませんでした?
あれと同じ方法で、接着面に塗ってみるとあら不思議が起こるわけです。

教室の後ろにジャガイモを水耕栽培して、しばらくしてほったらかしになり
水が腐り、とんでもない悪臭がしていたことを思い出します。


ヨウ素デンプン反応による実験アラカルト

ヨウ素でデンプン反応

らくらく化学実験 ヨウ素デンプン反応

9年前の今日のブログ記事のリバイバル「無添加住宅!」という本の要約のひとつ

 「無添加住宅!」という本の要約のひとつ


2005年06月30日 00時44分56秒 | ☆日常







弊社社長の出版した本について

















無添加住宅!―化学物質を使わない、世界でいちばん自然に近い家
秋田 憲司
サンマーク出版



一時期、ホルムアルデヒドが 健康住宅の大敵とされ、シックハウスの一番の大きな問題と
されてきました。

しかし、弊社の社長の提唱する「脱ベンゼン環」という
まったく新しい切り口の解説がわかりやすくなされています。

石油を由来としたもの。

化粧品、
整髪料
洋服のケース、
カーテン、
洋服。

ありとあらゆるものに反応してしまう、化学物質過敏症の方で、
「自分はいったい何に反応して、何に反応しないのだろう?」
という問いに答えと提示しています。

本自体は大豆インキで印刷されていますが、重度の方にはこのインクでされも反応されてしまうかもしれません、ご注意ください。完全に無害な量産的な書籍は現在ではまだ不可能なようです。
すいません。








またまた写真と本文関係ないですが・・・・
写真は、私が仕事でインドネシアに行った際、
ホームステイさせてもらったおうちの家族の写真です。
新婚3ヶ月ほどのおうちになぜか、私がホームステイ。
なんども「本当にいいのか?」と聞いたのですが、「ノープロムレン!カモーン」の
繰り返しだったので、遠慮なく泊まっていましたが、
本当によかったのかいまでも疑問に思います。
奥さんがTシャツにさえアイロンあてていたので、ちょっと申し訳なかったです。
アイロンなしが定着するには時間がかかりました。

無添加住宅独自の考え その2 水に溶けるのか 油に溶けるのかで分けた

 


無添加住宅独自の考え その1 有機物よりも無機物のほうがよい2013年12月08日 


 

↑の記事で 『無添加住宅では、「有機物」より「無機物」のほうが、自然科学的な視点からより安全であると考えています。』


        『「有機物」と「無機物」のバランスがいいように。』と書きました。


今回は、『材料の見極めを 水に溶けるのか 油に溶けるのかで分けた』にします。 その1をもっと深堀するのはまた別の機会に。


 


ホルムアルデヒドが建築基準法上で規制開始となったのは2003年から。


(その他13物質について厚生労働省が2001年までのあいだにそれぞれの指針値を発表。)


 


無添加住宅では、「本当の健康住宅」をつくる上で、これらの指針値などをあてにしていません。


むしろホルムアルデヒドはシックハウス症候群とは関係無いと考えています。


 


健康住宅のなかにはホルムアルデヒドがあるよりは、無いほうがよいと思いますが、


だからと言ってシックハウス症候群との関連はないと考えている。ということです。


 


重視して判断しているのはその気体が、


水に溶ける物質(水溶性)なのか


油に溶ける物質(脂溶性)なのか


 


室内に使う建材(ドアなどのさまざまなもの)から、揮発されて気体になっているものを、


水溶性? 脂溶性?で分けて判断します。


 


なので、石油から作られたもののほとんどのものは脂溶性ということになりますので、無添加住宅の内装では使いません。


プラスチック製のキャビネット、一見は木製に見えるがボンドやウレタンでガチガチに固めらたドアや棚板など、ペンキを使いません。


さらに、


自然素材の木のなかにもこの脂溶性の気体があるので、無添加住宅の内装では限定しています。


内装には杉・ヒノキを使わないように決めています。


では何を使うのか?


 


より詳しくは下記の資料請求にて小冊子「健康住宅の法則」がほしいと記載して下さい。


最寄りの代理店より送らせていただきます。


https://www.mutenkahouse.jp/request/


 

8~11年ほど利用している米のり集成イン松&無塗装のキッチンの事例

10年ほど利用している米糊集成材のキッチンキャビネット等の事例です。


思っている以上に汚れたりしていないと思います。


兵庫県西宮市まで来られて日程が合えば


実物もみせてもらえるおうちもあると思います。


8年10年11年のおうちのキッチン等の画像です。


引渡し時にオイル等塗など何もしていません。


無塗装です。


また、入居後もキャビネット面へのお手入れもほとんど何もしていないと聞きました。


鍋を使うコンロ下の扉面も意外に汚れは付いていません。

事例写真は特に綺麗なおうちを選んだわけでもありません


無垢材だから汚れが目立つ とか


塗料を塗ってないから水回りでは使えない 


と思い込まれている方も多いかもしれませんが、


そんなことはありません。無塗装でも十分いけますよ。


世界に一つだけの、オリジナルキッチンを一緒につくりませんか?


資料請求はお気軽にこちらからどうぞ→https://www.mutenkahouse.jp/request/



イン松 IHコンロの下のキャビ 8年利用







イン松 シンク下 8年利用





イン松 洗面所のキャビ 8年利用


 



イン松 シンク下のキャビ 11年利用
扉の精度がまだそんなに今ほどよくない時期


 



イン松 シンク下のキャビ 10年利用





イン松 キッチンの後ろのキャビ 10年利用
油汚れ等もまったく付いていません。


 



イン松 キッチンの後ろのキャビセット 10年利用


 



イン松 リビングのキャビセット 2F 10年利用。
次の1Fの玄関靴箱との日焼けの差に注目




 



イン松 玄関の靴箱 1F 10年利用。
前の写真の同じ家での2Fのキャビネットとの日焼け具合の差に注目




資料請求はお気軽にこちらからどうぞ→https://www.mutenkahouse.jp/request/

無添加住宅独自の考え その1 有機物よりも無機物のほうがよい

 


http://www.mutenkahouse.jp/about/whatis/


 


一般的に『有機』野菜、『有機』農法と表現されることから、


「有機物」も体にいいのでは? と思われる方が多いと思います。


しかし、無添加住宅では、「有機物」より「無機物」のほうが、


自然科学的な視点からより安全であると考えています。


 


「有機」「有機」って流行っているけど、ダメなの?と


思われるかもしれませんが、表現する言葉の意味が全然違うので、


ちょっと整理したいと思います。


 


無添加住宅では、住宅に使われる素材を


「無機物」


「有機物」


「化学建材」


と3つに分けて分類して考えています。


 


ここで表現する「無機物」とは


  ・石 漆喰 タイル 鉄 アルミ 真鍮 ステンレス ホーロー ガラス 磁器 土


 


「有機物」とは


  ・木(フローリング、構造材、米糊集成材) 草 紙 炭化コルク 


  「有機野菜」の有機の意味と違うのは、ここでの「有機物」はいわゆる植物から作られたもの全般を指しています。


 


 


ちなみに「化学建材」は


  ・ビニール プラスチック


 


 


「健康住宅は、自然素材の木をふんだんに使って建てれば大丈夫!」と思っている工務店でもまだまだたくさんありますが、


我々は、そうではないと思っています。


「有機物」である植物は、生命連鎖の中で虫や菌から自分を守るために、天然の化学物質である毒を持っています。


一方、「無機物」は生命活動に関わっていないため毒を持つ必要がなく、重金属や放射性物質を除けば人間には無害なものです。


 


かと言って全部、無機物であるステンレスで住宅をつくっても、まったく快適ではないでしょう。


バランスです。


「有機物」と「無機物」のバランスがいいように。


昔の日本がそうだったように土や木、草や紙などのバランスのよい「有機物」「無機物」の空間がよいと考えています。


 


より詳しい資料が必要な方はお気軽にこちらへ

無添加住宅オリジナル漆喰のデメリット について

 


無添加住宅オリジナル漆喰のメリットをたくさん書きました。


今回はデメリットというか、事前に伝えておかないとクレーム事項になってしまうようなことのような


捉え方により個人差がある現象を書きます。


 


1.壁と天井の隅の部分のひび割れは起こるもの


2.木の部分と漆喰のくっついている部分に隙間があく可能性があること


3.ラフ塗して凹凸をつけた仕上がりにするとホコリが乗っかる可能性があること


4.引き渡し直後は、巾木と言われるような部分に漆喰の粉が少し落ちること


5.塗る人によって微妙に仕上がりが違う→工業製品で無い裏返しなのでメリットでもあると思います


6.安物のビニールクロスと較べて、値段が高い 


 


「1.壁と天井の隅の部分のひび割れは起こるもの」「 2.木の部分と漆喰のくっついている部分に隙間があく可能性があること」は


対策をする費用対効果を考えると、「何もしない」か「自分で隙間やヒビを埋めてもらう」ことを推奨しています。


隙間やヒビが出来たとしても性能が変わるわけでもありません。



「見た目」が気になるかならないか?というポイントになります。


この部分を絶対に割れないように!とか元から目立たないように!とシリコンコーキングなどで対処したとしても


そのコーキング材の部分が数年後黄ばんでかえって目立つでしょう。


従来の工務店の感覚と大きく我々が違う点は、一般的にはこのデメリットの部分を、事前にお施主様にご理解してもらったということです。


いわゆる量産メーカー(大手ハウスメーカー)はこういったクレームになりそうなことを事前にプラスチック建材(石油化学製品)で


当面しのげるものを提供しているわけです。量産メーカー(大手ハウスメーカー)に化学系会社が多いのもプラスチック建材(石油化学製品)が


世の中に蔓延した原因でしょう。


 


漆喰と木 のクセがそういったもの であることさえ理解してもらっていたら、不必要な処理をする必要もないわけです。


 


 


3.ラフ塗して凹凸をつけた仕上がりにするとホコリが乗っかる可能性があること


は、さすがに物理的にホコリが舞って凹凸に乗っかってしまうとどうしようもありません。


手でとるか、ぞうきんで撫で取るかする必要があります。


漆喰のメリットとして、静電気を帯びない性能で、ホコリが着きませんよというものの、段差に乗るのは


どうしようもないです。従来のビニールクロスのように静電気でホコリをビシバシに吸い付けることはありません。


 


4.引き渡し直後は、巾木と言われるような部分に漆喰の粉が少し落ちること


漆喰の表面が細かくぼこぼこがありますので、その山の部分の不安定な粒が、一ヶ月くらい落ちます。


巾木といわれる部分に、粉が乗っていますが、掃除機で吸いとってもらう必要があります。


口に入れても害はありませんのでご安心を。


この落ちやすい時にセーターなどで壁にもたれたりすると、粉がセーターなどにつくことがあります。


もちろん払えば落ちます。また、いづれは漆喰も落ち着きつかなくなります。


 


↑右側の木の天板と漆喰の壁が、ぶつかるところにちょっと粉が出ることがあります


 


5.塗る人によって微妙に仕上がりが違う→工業製品で無い裏返しなのでメリットでもあると思います


そのままの内容です。


人によりメリットになり、デメリットとなるところですが、無添加住宅を選んでいただいいている方は、


メリットとして感じ任せてもらっています。味があるようによりラフに!というオーダーもありますし、


部分的にお施主様が施工したいとオーダーされることもあります。


 


6.壁にはるクロスもビニール製とか布製とか紙とかいろいろありピンきりです。高いものは


無添加住宅オリジナル漆喰より高いものもありますが、


ビニールクロスの安いものと比べると我々の漆喰のほうが高くなります。


それでも初期コストの点でみた場合のみの話です。30年40年といった長期間で、


ビニールクロスの貼替えを行った場合を加味すると値段の差は無くなっていきます。


特に賃貸マンションで入退去の度に貼替えをするようなケースであれば、


漆喰のほうがメリットがすぐに出やすいのです。


無添加住宅オリジナル漆喰であれば、部分補修で済み、毎度張り替える必要がないからです。


参照→ 無添加住宅オリジナル漆喰のメリット その7


 


 


あとはデメリットというか特徴のようなことかな


・色つきの壁にする際は、無添加住宅的にこだわると淡い暖色系しか無理とか


・色つき漆喰は部分補修すると、跡が目立ちやすいとか かな


 


いろいろメリット・デメリットとありますが、まずは最寄りのモデルハウス・ショールーム・見学会にて


室内空間をご体験下さい。 


資料請求はこちらへhttps://www.mutenkahouse.jp/request/


 

無添加住宅オリジナル漆喰のメリット その9

9.エアコンがよく効く


↓過去記事に2回ほどすでに掲載あるので転載します




冷暖房の電力を16%削減!出来た無添加住宅オリジナル漆喰の実力



省エネ、電気の使用量を減らせという電力会社。


大飯原発3号機も2012年7月9日の今日にはフル稼働らしいですね。


どうもそうすると8機もある火力発電は、発電しなくてよくなるとかいう


変てこりんな状況にまた世論がみだれるのか


 


2年前(2010年)のデータにはなりますが、こんなデータがあります。


 


「室内に漆喰を塗ると


 ビニールクロスの部屋と比較して


  16%エアコンの電力使用量が減る」


 


また、これと別に外部に漆喰を塗ったケースと、そのほかの素材との


温度差もかなり出ることがわかってきました。


 


2012年7月8日の15時の大阪にて外部の


金属サイディングの表面温度 40.4℃


レンガタイル  の表面温度 30.1℃


白いサイディングの表面温度 28.7℃


樹脂系塗料の表面温度    25.7℃


漆喰の表面度        19.2℃


 


室内への漆喰塗りが電力使用量16%ダウン(エアコンのみ)することができますが、


外壁面も併用するとかなりの電力消費が出来るのではないでしょうか?


 


夏の暑い時期にこそ、無添加住宅が喜ばれるのはちゃんと意味があります。


まだ、室内に入ったことがない人は、ぜひ一度お近くの代理店まで


お問い合わせ下さい。施工事例を見せてもらって下さい。


なぜ?よく効くの?


 詳しくは最寄りの無添加住宅の代理店へお尋ね下さい(笑)


人とのコンタクトがなされて、実際に室内空間の体験がなされて、


ようやく『無添加住宅』の魅力が伝えられると思います。


 


室内漆喰すると16%省エネになるというデータ


↓ 上場会社であり、無添加住宅の代理店の飛島建設さんのホームページで


  エムプラス漆喰という表記になっていますが、これは無添加住宅オリジナル漆喰のことです。


http://www.tobishima.co.jp/replan/mplus06.html


 



2012年07年09日 の記事ここまで。 


2013年08月16日追記↓


省エネ法(経済産業省、省エネ部)が出来たり


うちエコ診断(環境省)が展開したりするけど、


省エネ法は断熱材とサッシの性能のほうばかりに目が向いて、


うちエコ診断家電や車の燃費ばかりに目が向いているのが、


業界の偏りを感じます。組合の規模の大きいところが有利なんでしょうね。


 


漆喰の壁にするだけでエアコンの電力をマイナス16%に出来るって結構すごいことなんだんと思えるようになってきました。


窓と断熱材を性能の高いものに交換して20%のマイナスになった事例の話↓を自慢気にしていたりする役人さんの動画みると、


漆喰塗るだけでマイナス16%って、こっちのほうが安くでイイ線いくんではないの?と思えます。


http://www.youtube.com/watch?v=LNitQV873ZA&feature=c4-overview-vl&list=PLcRmz7bR5W3l1krbMMhpJ8yz6cwhL1-s0


 


この季節(真夏の時の記事より転載の為)の極端な時期にこそ、無添加住宅の室内空間を是非体感してほしいです。


できれば、エアコンが効き始める前の10時オープン直後などリアルな室温をチェックです。


 


 


↓ 元のリンク


無添加住宅のメリット9つとデメリット3つ(?)の比較


無添加住宅オリジナル漆喰のメリット その8

 


8.かっこよく仕上がる


無添加住宅オリジナル漆喰は、通常の漆喰と違って、


塗り厚が厚いため表面に独特の表情が出ます。


ここでは「表情」と書きましたが、


「テクスチャー」とか「パターン」とかと言われることもあります。


各代理店担当者により言い方は変わるでしょう。


個人的にはもっとも雰囲気が出るのは、「自然光があたり「陰影」が強調された時」だと思っています。


「陰影」と書きましたが気持ち的には「陰翳」としておきたい。(谷崎潤一郎著『陰翳礼讃』にあやかる)



↑ トイレの写真ですが、トップライトからの自然光がラフ塗した無添加住宅オリジナル漆喰の表情に


味のある「陰翳」をつけて重厚な雰囲気を醸しだしていまます。


 



↑ ニッチの下からライトアップ。まだ何も飾ってはいないが、これだけでもありかなと。


↓ もちろん自然光で無く、LEDや電球でも工夫次第でいくらでも表情がつくれるのが特徴。





↓ 逆ニッチと言えばよいでしょうか? 階段の入隅も有効活用。





↓ ガラスブロックから通った朝日が無添加住宅オリジナル漆喰に映えます。





 


↓ 元のリンク


 


無添加住宅のメリット9つとデメリット3つ(?)の比較



無添加住宅オリジナル漆喰のメリット その7

7.メンテナンスが簡単


無添加住宅での建築される方のほとんどが懸念されるポイントのうちのひとつに、メンテナンスってどうするの?


ということがあります。


ビニールクロスみたいに貼替えるの?→貼替えません。全面塗り直しするなどかなり特殊なことです。


白色の壁が黄ばんでくるとどうするの?→炭酸カルシウムが主成分であるので、塩ビ製品や有機溶剤の


                           ようなものと違い紫外線での劣化がないので、白色が続きます。


                           特に無添加住宅の漆喰はホームセンター等で売っているボンドが


                           入っているものではないので、接着剤が入ってないので劣化や変色する成分が入ってないのです。




落書きしてしまったら?→下記のようなパターンで対処可能です。


◯鉛筆での落書き→消しゴムであっという間に消えます。最寄りの代理店さんの漆喰壁を鉛筆と消しゴムでやってみて下さい。


◯ボールペン等の落書き→消しゴムでは落ちません。「表面を削り落とす」対処が必要です。


 無添加住宅オリジナル漆喰は薄いようにみえても厚さ3mm前後は塗っていますので、少々削っても大丈夫です。


 ちょっとしたものであれば、カッターの刃の裏というか刃ではない部分、背というのでしょうか?この部分で


 カリカリとピンポイントに削ってしまったほうが、手早くきれいに無くなります。



↓ ボールペン等の落書きや汚れで広い部分の場合、カッターの削るのが大変そうな時は、


  サンドペーパーで面を削ってしまう対処も出来ます。


  ペーパーで面を削るとその部分だけツルッとしてしまいます。このツルっとしてしまうのが気になる方は


  ペーパーで削り過ぎないようにして下さい。







実際の引き渡ししたお客様での傾向をみていると「壁の汚れ」がどうこうようも、


「角の欠け」の対策のほうが多いように見受けられます。




「掃除機の線が擦れて角が削れた。」


「ダイニングのイスの移動の際に、角が削れた」


「硬めカバンがあたって削れた」


                       などなどの現象の際の対処です。


 


   ↓  ずばり 「自分で漆喰を混ぜて、自分で塗る」 という作業がもっとも早くかつ安く出来ます。



 


各代理店さんが開催する「お手入れ講習」「メンテナンスセミナー」などでは、


一連の作業を実際に来場者の方に体験してもらうことがあります。


皆さん「これくらいなら出来る!」と安心してもらっているので、


「メンテナンスが簡単!」と7つ目のメリットとしてあげさせてもらいます。


 


↓ 元のリンク


無添加住宅のメリット9つとデメリット3つ(?)の比較

無添加住宅オリジナル漆喰のメリット その6

6.他の漆喰より安く施工出来る


昔ながらの漆喰塗りは、竹を編んで土壁をつくってから乾かし、さらに下地をつくって、最後に仕上げに


漆喰を薄く塗る、という非常に工程の長い(多い)塗り物です。


工程が長いと手間がかかっています。その手間代はお施主様が払うことになります。高くなってしまうのです。


 


無添加住宅オリジナル漆喰の場合、室内の下地は石膏ボードを使います。


(化学物質過敏症の方の場合は、竹アジロを下地にしますが、ここでは石膏ボードでの話をします)


その石膏ボードの上に、直接 無添加住宅オリジナル漆喰を塗るのです。


健康的な空間を世の中に供給したいですが、高くては普及しません。


昔ながらの工法もよいのですが高くなるのです。


一般の方に普及する価格まで落とせたことが非常に意義深いと思っています。


石膏ボードはいまどきの製品ですが、この現代のものと昔からのものとミックスすることによって


普及可能な価格での無添加な空間を提供可能となったのです。


 


無添加住宅オリジナル漆喰の真似をしたような漆喰が出てきては消えたりしていました。


以前は価格や成分などが気になりましたが、どれも値段でも負けないし、


成分も怪しいものも多かったので最近は特に気にならなくなりました。


 


 


無添加住宅オリジナル漆喰は独特の硬さで分厚く塗るため、クラックが入りにくく


下地処理に特段なことをしなくても塗れるのです。


工程が少なくすむ。ということは手間が少なく、その恩恵はお施主様が得る。安くなる、ということです。


 


また、アールのついたカーブ面やまるい形も無添加住宅オリジナル漆喰であれば、ほかの素材比べ安く仕上げることが出来るのです、


むしろ本領発揮はこの「曲線」「曲面」での表現と言えるでしょう。



 「曲線」「曲面」の仕上げは、お施主様の好みもあるので、お好きな方には絶大な指示をいただくことがあります。


もちろん、直線的な仕上がりも当然可能ですので、そちらをお好みになる方も居られます。


いづれも好みです。どちらが正解という答えはありません。


 


↓ 元のリンク


無添加住宅のメリット9つとデメリット3つ(?)の比較

無添加住宅オリジナル漆喰のメリット その3~5

3.調湿効果がある


多孔質の素材ですので、他の多孔質の素材のもの(炭など)と同じように調湿効果があります。


このメリットでは特に試験も実験も特にありません。なんか当たり前過ぎて、、、という感じです。




4.化学物質の分解性能がある


一般財団法人ボーケン品質評価機構(旧法人名 財団法人日本紡績検査協会)というところで検査をしてもらったデータのグラフです




試験管のなかに化学物質を充満させた中に漆喰やコーラルストーンを入れてみて、


その中の化学物質が減ったという事実のグラフです。






5.静電気を帯びない(ホコリ・ニオイを付けない)


漆喰の主成分が無機質であること。ビニールクロスのように塩ビを含んでいないということ、


さらに多孔質であることも原因の一つであると思います。


その結果として、無添加住宅オリジナル漆喰の壁は静電気を帯びないようです。


これは試験をしたわけではありませんが、実際の過去の施工事例の報告を踏まえると、


そう説明せざると得ないのです。


静電気を帯びないという反対に、クロスや接着剤を使う壁は微妙に静電気を発生していて、ほこりやニオイなどを


壁・天井、もしかするとカーテンにまで付着させてしまい独特のにおいとなるのでしょう。


 


ポスターや壁に掛けている時計の型が付かない。


タバコのヤニが付かない。


◎室内で焼き肉した翌日、臭いが残っていない。


◎ペットの臭いが付かない。


◎老人ホームで老人ホーム独特の臭いが無い。


◎歯医者さんで歯医者さん独特の臭いが無い。


◎美容院でパーマ液に臭いがましになった。などなど




絵や時計を壁に掛けていてどけると普通はホコリで型が着いたりするのが普通ですよね。


漆喰塗りはじめの頃は、このような「静電気帯びない」みたいな説明をしていなかったので、


住み始めてから、お住まいになられている方からの報告によって、


「おそらく無機質だから静電気帯びないからホコリやニオイが付かないのだろう」と確信に変わっていったのです。


特にタバコのヤニが付かないという事例では、モデルハウスで工事スタッフが休憩室で使っていた部屋では


1年間スタッフ3人くらいが毎日のようにタバコを吸っていた部屋があったのですが、


その部屋の漆喰の壁にヤニがつかなかったというのです。


いくらなんでもそれって本当だろうか?と秋田社長含め数名で遠方まで確認しに行きましたが、


いうように「壁」にはついていないのです、その変り、その部屋にあったコピー機なの機器類や、


分厚い設備カタログにはついていたのです。




老人ホームを引き渡しさせてもらって数カ月後、業界関係者の方から「普通の老人ホームと違いニオイが無い!」と


かなり好評で専門誌から取材があったりしました。


我々はいつものように、引き渡し、その後訪問していつもの無添加住宅の空間であったので、


特段に何も気にしていないかったのですが、どうも普通は老人ホーム独特の空気というのがあるようで、


今回の施設はそれが無いが凄いことだったようです。




室内でペットを飼われているおうちも普通は独特のペット臭というのがすると思うのですが、


無添加住宅のOB宅訪問で、いつも驚くのがペットの存在がわからないくらい、いつもの無添加住宅と同じなのです。


先日も引き渡し後8年のお宅にお邪魔させていただいた際も猫ちゃん8匹を室内で飼われているおうちも、


まったく感じませんでした。


この手のエピソードは挙げだすとキリがありませんが、なるべくアップするようにまとめていきたいと思います。


 


↓ 元のリンク


無添加住宅のメリット9つとデメリット3つ(?)の比較

無添加住宅オリジナル漆喰のメリット その1~2

1.燃えない


 




国土交通大臣が「不燃材料」とした素材の中に「しっくい」もあります。


http://wwwkt.mlit.go.jp/notice/detailsAction.do 


コンクリート、石、アルミなどと同じ燃えないシリーズに属しているのです。


白い壁でも、ビニールクロスは燃えて体に悪いガスを撒き散らしますが


石膏ボードに塗られている無添加住宅オリジナル漆喰は、


基本「燃えない」素材なのです。


しいて追加で説明しますと、


バーナーであぶりますとオリジナル漆喰は、塗りやすく・割れにくくするために


漆喰以外の食べても害のないものが少し混ざっているのでその一部分は燃えます。


そこで無難な表現をするならば「火に強い!」という言い方になりますね。


また、ホームセンターなどで売っている漆喰は素人でも簡単に塗れるように「接着剤」が入っていたりすることが多いです。


袋の成分表に「しっくい、接着剤」と表記しているものが多いで一度チェックしてみて下さい。


バーナーで燃やした時のニオイにも注目です。


無添加住宅オリジナル漆喰を燃やすと海鮮居酒屋のような、さざえのつぼ焼きをしているような貝などが焼けるニオイがしますが、


接着剤が入っている漆喰は、ビニールが燃えるニオイがするのです。ひどかったのはプラスチックが燃えるようなニオイがするものもありました。同じ左官屋さんが塗るのであれば、ちゃんとしたものを塗ったほうがよくないでしょうか? 




2.(室内)でカビにくい


 


漆喰は弱アルカリの性質です。その性質では一般的なカビ菌は生きれません。


鳥インフルエンザが流行ったときなどTVのニュースで白い粉を撒いて


消毒していたのをご存知の方はおられますでしょうか?


あれは消石灰で漆喰と同じものなんです。


もちろんそのまま全く同じではなく塗りやすく割れにくくなるように、


食べても害の無いものを混ぜてあります。アルカリ性の環境で生きれるのは、


こうじ菌だけです。そうです、菌は菌でも発酵食品に役立つ菌のみが活躍出来るのです。


今年の秋の終わりくらいには、再度生ハムづくりにチャレンジもします。


日本の多湿の気候で生ハムが出来るもの、塩麹を上手に扱うのがポイントです。


菌との共生をすすめる「無添加住宅」です




↓ 下の写真は、ビニールクロス環境よりも、漆喰環境であると


「調湿効果」と「悪いカビ抑制の様子」を確認することが出来る非常に面白い実験です。


水槽に、


ビニールクロスと合板を使った新建材の室内環境を再現したものと


無添加住宅オリジナル漆喰と無垢のフローリングを使い無添加住宅環境を再現したものの中に


パンとコップに水を置きました。


今回の結果からいうと


新建材の環境では黒カビが出て、無添加住宅環境では出なかった。


◯漆喰と無垢材の「調湿効果」によってコップの水があっても調湿出来して湿度が高くなるのを抑えられたこと。


◯漆喰の弱アルカリ性によって黒カビなどの発生が抑制された。


ということがわかります。


 



この実験は、元々の室内の温度が低い冬時期にやっても、同じ効果は出ないと思われます。


カビは「栄養」「温度」「湿度」が揃わないと生えないので、気温の低い冬の時期には元々新建材でも無添加住宅環境でも


「温度」が高くないので出ないのです。


 


カビが生えやすい梅雨時期を挟んだりした実験例では、新建材の黒かびまみれの酷い状態と


麹菌のみがきれいに(?)緑色に生えそろった状態の無添加住宅環境の対比も見たことがあり


大変面白かったです、その画像がすぐに見つからないので探してまた今度更新しようと思います。


 


↓ 元のリンク


無添加住宅のメリット9つとデメリット3つ(?)の比較

無添加住宅のメリット9つとデメリット3つ(?)の比較

2005年からこれまで587件のブログ記事をアップしてきましたが、


見返すと無添加住宅オリジナル漆喰のメリット、デメリットをまとめたものが無かったので、


当分はそれらの記事でまとめてアップしようと思います。


 


無添加住宅オリジナル漆喰の特徴


 ◯(昔の漆喰と比較して)割れにくい。工期が短い


 ◯(他の塗り物と比較して)有害物質を含まない


 


無添加住宅オリジナル漆喰のメリット 9つ


1.燃えない


2.(室内)でカビにくい


3.調湿効果がある


4.化学物質の分解性能がある


5.静電気を帯びない(ホコリ・ニオイを付けない)


6.他の漆喰より安く施工出来る


7.メンテナンスが簡単


8.かっこよく仕上がる


9.エアコンがよく効く


 


上記の各項目ごとに追加で記事をアップしてリンクかけていきます。


少々お待ち下さい。


 


資料請求はこちらへhttps://www.mutenkahouse.jp/request/

去年の記事リバイバル「冷暖房の電力を16%削減!無添加住宅オリジナル漆喰の実力」

冷暖房の電力を16%削減!出来た無添加住宅オリジナル漆喰の実力


2012年07年09日 



省エネ、電気の使用量を減らせという電力会社。


大飯原発3号機も2012年7月9日の今日にはフル稼働らしいですね。


どうもそうすると8機もある火力発電は、発電しなくてよくなるとかいう


変てこりんな状況にまた世論がみだれるのか


 


2年前(2010年)のデータにはなりますが、こんなデータがあります。


 


「室内に漆喰を塗ると


 ビニールクロスの部屋と比較して


  16%エアコンの電力使用量が減る」


 


また、これと別に外部に漆喰を塗ったケースと、そのほかの素材との


温度差もかなり出ることがわかってきました。


 


2012年7月8日の15時の大阪にて外部の


金属サイディングの表面温度 40.4℃


レンガタイル  の表面温度 30.1℃


白いサイディングの表面温度 28.7℃


樹脂系塗料の表面温度    25.7℃


漆喰の表面度        19.2℃


 


室内への漆喰塗りが電力使用量16%ダウン(エアコンのみ)することができますが、


外壁面も併用するとかなりの電力消費が出来るのではないでしょうか?


 


夏の暑い時期にこそ、無添加住宅が喜ばれるのはちゃんと意味があります。


まだ、室内に入ったことがない人は、ぜひ一度お近くの代理店まで


お問い合わせ下さい。施工事例を見せてもらって下さい。


 


 


室内漆喰すると16%省エネになるというデータ


↓ 上場会社であり、無添加住宅の代理店の飛島建設さんのホームページで


  エムプラス漆喰という表記になっていますが、これは無添加住宅オリジナル漆喰のことです。


http://www.tobishima.co.jp/replan/mplus06.html


 



元の記事ここまで。 


↓追記↓


省エネ法(経済産業省、省エネ部)が出来たり


うちエコ診断(環境省)が展開したりするけど、


省エネ法は断熱材とサッシの性能のほうばかりに目が向いて


うちエコ診断家電や車の燃費ばかりに目が向いているのが、


業界の偏りを感じます。組合の規模の大きいところが有利なんでしょうね。


 


漆喰の壁にするだけでエアコンの電力をマイナス16%に出来るって結構すごいことなんだんと思えるようになってきました。


窓と断熱材を性能の高いものに交換して20%のマイナスになった事例の話↓を自慢気にしていたりする役人さんの動画みると、


漆喰塗るだけでマイナス16%って、こっちのほうが安くでイイ線いくんではないの?と思えます。


http://www.youtube.com/watch?v=LNitQV873ZA&feature=c4-overview-vl&list=PLcRmz7bR5W3l1krbMMhpJ8yz6cwhL1-s0


 


この季節の極端な時期にこそ、無添加住宅の室内空間を是非体感してほしいです。


できれば、エアコンが効き始める前の10時オープン直後などリアルな室温をチェックです。


また昨日モデルハウスでは素足での来場の方が多かったですが、皆さん無塗装の無垢のフロアは「気持ちいい!」と好評でした。


皆さんも是非ペタペタしない床をチェックしてくださいね。


 


http://www.mutenkahouse.jp/agency/modelhouse/


 


昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 2005年「お茶の木」

お茶の木


2005年07月22日 21時56分16秒 | ☆化学物質過敏症関係など

http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/99f03019542a0e6b3d597c8bde2ef6d2



人工的に管理されたお茶の木は、皆さんが一般的に連想する
お茶畑のような段々畑で、お茶の木がきれいにカットされて丸っくなっているものだと思います。

しかし、弊社社長の新居の庭(山?)には、かなりたくさんのお茶の木が「自生」しています。

これがお茶の木だ といわれて、はじめて「そうなんやー」と実感できました。

一般的に連想されるものとは、まったく違った形であるので、イメージができませんでした。

まさに、無農薬であり、野草です。

私は、中国の高級茶葉と称されるものを、出張時に買って時おり、友人たちと中国式の茶器を用いて中国茶を楽しんだりしておりました。

どんかんな私の感覚では、なんら感じない中国茶であるのですが、
びんかんな弊社社長は、いつも中国茶を飲んだあと「ムァー」と嫌な感じがしていたようです。

これらはズバリ農薬のせいでしょう。

きついことを言わせていただくならば、
化学物質過敏症の方が、お茶を飲んで、いやな感じになる茶葉は、
なんからの形で農薬かそれに類するものの影響をうけているはずです。

無農薬のお茶、というのがどこまで対応しているお話であるかは、
実際に畑や工場を見学していかないと判明しないことであるとは思いますが。

お茶って昔は「お薬」であり「高級品」であったはずなのですが、
生産性を追い求めるあまり、どこかで軸がくるってしまったのでしょうか・・・

安全なお茶は思い切って自分でつくってみたいものです。



資料請求はこちらへhttps://www.mutenkahouse.jp/request/

昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 2005年「炭化コルクの力」

 


炭化コルクの力  2005年07月16日 22時31分17秒 ☆無添加住宅トリビア 素材、家具、材料


http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/6a686683d4c7709adbef2e6c4231feac


 


弊社では、断熱材に「炭化コルク」というものを使います。


 普通の「コルクボード」などは正直、ボンドの塊のようなもので、


ぞっとします。


しかし、炭化コルクは、ボンドを使わず、ボードの形を形成できています。


 なぜか?


高温でコルクを熱して炭化させる時、


コルク自体から樹脂が出てきてボンド替わりになり固まります。


ワインの栓などをつくったあとにでてくるコルクのゴミを


でかい箱に詰め込み高温で押し固めるだけ。


コルクはコルク樫の木を皮はいでつくられます。


木の皮は7年から9年で再生され、


木が生きている限り何度もとれます。まさにエコの素材。


 かつ、炭化しているので、炭のように多孔質で、


空気の浄化作用も見込めます。


 素材は発砲スチロールのように軽く、


カッターでスパスパ加工できます。


いいとこづくめなので、ち


ょっと難点も言っておきますと、さわると黒い粉がついたりします。


日本で普通に買うと高いです。


価格については弊社は炭化コルクのナンバーワン生産国の、


超メジャーな会社から直接大量に買いますので、


安く抑えられているので、お客様にもかなり良心的価格で提供できております。


 確実な裏づけは取っていませんが、


「炭化コルク」だけの消費量はおそらく、日本で一番(確実)、


アジアで一番、アメリカではほとんど炭化コルクが売れていないようなので、


環太平洋で一番(?)…


ちょっと話がでかくなってきましたのでこの変で、、、、


 


資料請求はこちらへhttps://www.mutenkahouse.jp/request/

昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 2005年「柿渋の力」

柿渋の力 


2005年07月14日 21時23分32秒 | ☆無添加住宅トリビア 素材、家具、材料




最近よく、柿渋の試し塗りをします。

2倍に薄めたり、アルカリ性のものを上から塗り足してみたり、オイル塗ったり、ロウ塗ったりです。

さらにベンガラという酸化鉄の粉を顔料の替わりに混ぜたりして、色を変えたりしてみます。

鉄は酸化するときの温度により、黒かったり、黄色かったり、赤かったりさまざまな色が作れます。青色だけが出せない色のようです。青色酸化鉄がつくれてもノーベル賞はもらえないでしょうね・・・

その酸化鉄を柿渋に混ぜることにより、黒い塗料や黄色い塗料、しかも無害!な天然塗料の出来上がりです。

塗る材料やその他のプラスアルファにより、時には予想外の仕上がりになるときがあり、
なかなか興味深いものです。

安くあがって、かっこよく作るために、
ちょこちょことしたトライはかかせません。がんばります~




資料請求はこちらへhttps://www.mutenkahouse.jp/request/

昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 2005年「農薬散布」

農薬散布


2005年07月08日 22時18分55秒 | ☆化学物質過敏症関係など


今日、所用にて丹波に行ってまいりました。

西宮の事務所から高速道路を使って約1時間。
門戸厄神の町ですら、都会と思える風景の丹波です。

町のメインは田んぼ、畑、そして住宅、
バブル期に建てられたであろう建売住宅や賃貸マンションもあります。

いま、この時期は農薬散布の時期のようで、がんばって散布されている姿をよく見かけました。

「撒いてる人の体、大丈夫なんやろかー」と内心 気になりながら見ておりました。
マスクをして、ゴーグルをして、長袖をきて、はたしてどれだけ効果があるのでしょう、
大変なお仕事だを思います。
がんばってほしいとおもいました。


今日の夜、また新たに社長の本を読まれた方からお電話をいただきました。
岩手県にお住まいの方です。
某市には化学物質過敏症と認定されている数は十数名らしいのですが、
その方は、その10倍はいるのでないと予想されておりました。
本人でも自分が化学物質過敏症と気づいていない方がかなりいるはずで、
変人扱いされてしまっている不遇の方がたが多いであろうということです。

幹線道路に面したおうち、
おうちの裏が田んぼか畑、

結構ありがちな住環境の世帯に、化学物質過敏症の方が多いようです。
先月お電話をいただいた方も似たような住環境の方でしたし。


添付の写真は丹波に行った際、
お茶畑とはまったく離れたところに、自生しているお茶の木を生えているのを教えてもらったので、撮ってきました。お茶の木には油分もあり、葉っぱはまさにお茶として使えます。
自生しているものは完全無農薬であるので、かなりおいしいようです。
こんど飲ませてもらおうと思います。今日、所用にて丹波に行ってまいりました。



資料請求はこちらへhttps://www.mutenkahouse.jp/request/

昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 2005年「広葉樹は大丈夫」

 


広葉樹は大丈夫


2005年07月07日 22時51分40秒 | ☆無添加住宅トリビア 素材、家具、材料


 


シックハウス症候群の方であれば、針葉樹(松など)も広葉樹でも関係無くOKです。
だいたいの方は反応無しです。

しかし、化学物質過敏症の方は、「広葉樹」以外は反応してしまうようです。

この辺は弊社社長の理論に基づく仮説ですが、
松などにはテレピン油という揮発性のものがあり、その物質の成分の中に「ベンゼン環」という物質が組み込まれてあります。

その「ベンゼン環」に反応してしまうのです。

「広葉樹」はナラ(オーク)、メイプル(楓)、ニレ、タモ、桜、ケヤキなどです。
ナラの材料は現物は材の「匂い」があり、普通には化学物質過敏症の方には使えないのでは?ないかと思ってしまいます。しかし、その香り成分の中、「ベンゼン環」を含む成分のものがないので、化学物質過敏症としての症状は感じられないようです。

これらはもちろん、医学的な臨床実験を経たわけではありませんので、誰にでも大プッシュすることではないのかもしれません。
しかし、我々は重度の化学物質過敏症の方に「ほっ」と安心のできる空間を提供してきた実績と実例があり、信じています。


2005年の7月現在で、こんなことを提唱しているのは弊社だけなのですが、
何年後に他の会社が同じようなこと言ってたら、我々のマネッコでしょうね(笑)
うちの提唱する内容って、あとからあとからよくマネされますので…




資料請求はこちらへhttps://www.mutenkahouse.jp/request/



昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 2005年「無添加住宅!いう本の要約のもうひとつ」

 


無添加住宅!いう本の要約のもうひとつ


2005年07月05日 18時12分50秒 | ☆お勧め書籍


http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/dbb26e31b20998abd00dd31ef723670a


無添加住宅!いう本の要約のもうひとつ

弊社社長の出した本の要約をもうひとつあげます。

ちょっと行間を読みすぎな気もしますが、
「こんな違ったものの見方とかがあるんだよ」 
というものです。

無添加住宅のことと離れすぎて、ちょっと飛びすぎかもしれませんが、
この「新しい視点やライフスタイルの提案」は
実は、弊社の会社の裏テーマのようなものになっているように感じます。
日常の便利さを我慢したり、表面上のきれいさを追い求めたりしない…

もっとも、既存の日本の法律や業界自体を否定気味に捉えているので、
その「替わり」と言ったらおかしいですが、弊社の理想とする「視点」を提示しているだけなのですが。


弊社秋田のこの独特な着眼点、行動力は
一般の人には非常に真新しく感じるのだと思います。

私はすでに感化されてしまっているので、
その感動もありませんが、
はじめてのお客さんは、お帰りの際には目をキラッキラッさせて
帰られる方が多いです。

代理店を通じてどこまでの人に伝えられるかわかりませんが、
トライしつづけたいと思います。


 















無添加住宅!―化学物質を使わない、世界でいちばん自然に近い家
秋田 憲司
サンマーク出版

昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 2005年「中国 青島(チンタオ)」

中国 青島(チンタオ)にて


2005年07月04日 23時11分09秒 | ☆テーマ 海外関係


http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/9d9f0210e7264ad9140c0b61bc811809


 


中国の青島で建具などを作成したことがあります。


その指導の際、時間があまったので、ロウザンというやまに行きました。


道すがら、茶畑をながめたりして際、その畑のおじさんの家におよばれすることになりました。


見ず知らずの我々に庭でとれた果物や煎りたてのお茶を何杯もすすめてくれます。


茶の名産 福建省と違い メジャーではありませんが、おじさんがいうには無農薬なのだそうだ。


ちょっとしか(といってもかなり広い茶畑)作らないから無農薬できるんだといってました。


その子どもだちにデジカメを向けると、さっとポーズをとったのが、印象的でした。


ここは半自給自足な生活をしているようで、かなりのどかで、ゆるやかな時間がながれています。


おじさんにはせめてお茶代でも払おうとしても、受け取りたりたがりません。


また来なさいというが、本当にまた着たらどうするんだろう…


なんとか少しの心付けをおいていき、そこを離れましたが、なんだかあったかい気持ちです。


近所にも農薬を使うようなところはなく、車が通る道が離れてあるだけです。


青島の中心にも車で30分くらいのところです。 通勤圏内だけど、田舎暮らし。 


これが実現できたら結構な人が喜ぶんじゃないかと本当に思います。


弊社の社長の「無添加ファーム」の構想をはやくすすめていきたい 強く思います。

昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 2005年「免疫力を高めること」

 


免疫力を高めること


2005年07月02日 01時28分30秒 | ☆化学物質過敏症関係など


http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/95972e45d5ecfe950b42343d4399e90d


先日、
化学物質過敏症の方のおうちに おじゃまして少しお話をしました。

その方のさまざまな考えの中で、ひとつ。

化学物質過敏症になって以来、さまざまなことを試してみて、その結果として実感していることが、「免疫力を高まる」ように努めること。

その実現として、まず「食べるもの(クスリ含む)」
かなり読み込まれたその本を、私も一度買ってみて読んでみようと思います。
本にはたくさんの折り目が入っており、愛用されているのが十二分にわかったから、
お借りすることには気が引けたからです。

無害な住宅(無添加住宅)に住むということも当然、免疫力を高めるということにつながっていきます。その方は「ハード面」「ソフト面」という表現を使っておられました。


「活性炭マスク」でもここの会社のものが抜群だ、とか
このEMXというクスリやEM1というスプレーを愛用しているとか
それらの話は長くなりますので、少しづつ書いていこうと思います。



昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 2005年06月 「発汗はいいことです。体内の悪いものを出してくれます」

 


2005年06月28日 01時15分52秒 | ☆化学物質過敏症関係など


http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/65f6229e7a7ad93b751a3f86af50d019


 


発汗はいいことです、体内のたまった悪いものを出してくれます。
土曜はスポーツ、
日曜は現場での案内会で、ずっと外でした。
30℃をゆうに超える昼の空の下で、梅雨とはまったくの無縁の晴れです。
案内会の間、
2リットルくらい水分を取りましたが、トイレには行きませんでした。
その分、思いっきり汗となってでていたからです。

二日間、汗をかきまくったおかげがどうかは、わかりませんが、体が軽くなって
すっきりしたような気がしています。

お風呂での半身浴でかく汗とはくらべものにならないくらいのたくさんの汗です。
日ごろ、体にたまったよくないものは体内の「脂肪」のところにたまります。
脂肪にたまった悪いものは、そうは簡単に体からはでていきません。

体外に出す簡単で、現実的な方法は「汗をかいて脂肪から溶かし出す!」という方法があります。

化学物質過敏症の方は自律神経にダメージがあるので、体を動かしたり、暑い環境化で汗をかきつづけることはとても大変でしょうが、トライしていってほしいところです。
そして、健常者の方は、あらゆる病気への予防として、汗をかきつづけてほしいと思います。


↓ コメント


汗って大事なんだなあ (りんご)
2005-07-07 13:06:17
こんにちは!!

ブログ、きれいですね。

見ているとほっとします。

昨年、長野に転地療養に行っていた時は、

毎日畑仕事して、今までかいたことの

ないような汗が出ました。

何年も汗をかけない体になっていたので

自分でもびっくりです。

汗をいっぱいかいた後は体が

軽くなったような・・・。

あれって体の中に溜まった悪いものが

出ていたんですね。



納得!!



今年は都会に帰ってきたら、

汗をかくのが難しく、どうやったら

汗が出るかと日々思案中です。


 

こんばんわ! (裏方)
2005-07-07 22:02:15
この画面、実はただのテンプレートなんです、おはずかしい*** もうちょっと慣れてきましたら、オリジナルの画面作成すると思います。



弊社社長の提案では、お風呂にミストサウナをつけるようにすすめております。



また、突拍子もない案ですが、

○キッチンを独立型に設計して、電気調理器を前提に料理中はわざと締め切って、厚着をして、毎日料理をしてもらう。 というものがありました。まだ誰も実際に実行している方はおられませんが、毎日の生活サイクルで汗をかきやすい環境になれるんじゃないかなーと思います。



オリジナルオンドル工法で汗をかくなどいろいろ構想はありますが、もうちょっと温めておくことになると思います。


 

汗かけたらうれしい!! (りんご&みかん)
2005-07-08 15:57:23
こんにちわ。今日はみかんとりんご、2人でブログを散歩中です。

家の中で汗がかけたら、私たちはとってもうれしいです。

外に出ることが辛いし、出れば心臓に負担がかかって苦しくなる。だから、家の中で汗をいつもかくことが出来たらうれしいなあって思います。

キッチンって、害の出るものがなかったら、汗をかくにはもってこいの場所かも!!


昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 2005年06月「身内の理解」

 


身内の理解


2005年06月25日 02時27分21秒 | ☆化学物質過敏症関係など


http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/bc949b21cf4e134cae53df160db50cc8


先日(注:2005年のことです)、関東の方からお電話をいただきました。
化学物質過敏症の方からです。

去年の2月に放送のあったわが社のことをずっと気に留めておられて、
1年4ヶ月後の最近、かけてみてもらったとのことです。
その間、ずっと覚えていていただいてありがたいです。

お隣のおうちで撒き続けられた除草剤を契機に30年以上も、苦しんでおられた方です。
実際に、化学物質過敏症と判定されたのは3年前。その間、まわりの人々をはじめ、
家族の理解さえ十分に得られなかったと聞きました。

私自信が直接お話をしたことのある化学物質過敏症(CS)の方と同じ症状があり、
さぞこれまで大変であったことと思われます。

エリア、予算などがあるので、今後どうなるかはわかりませんが、展開をあれば全力で協力していきたいです。




****画像について*****
石で出来たガンダムは本文とは関係ありませんが、面白かったので載せました。
去年に中国に行ったときに見つけたものです。
表面に撥水加工して、ボンドで接着しまくりだったので、「
無添加住宅」的はありませんが(笑)よくこんなものをつくったなぁーと感心するばかりです。。
値段を聞いたらニヤリとされたので、ふっかけられそうだったので、
すぐにやっぱりいらないと断りました。
置くとこありませんしね。

プロフィール

むてんかじろう 無添加住宅西日本

Author:むてんかじろう 無添加住宅西日本
無添加住宅の西日本エリアをぐるぐる回っているスタッフのブログ。2005年スタート。528話あるので1週間に10本読んでも1年かかってしまいます。ご注意下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント