フランクロイド・ライトの愛弟子・遠藤新が設計 甲子園会館を見学してきました。

甲子園会館を代理店さんと見学してきました。


ホームページより抜粋


甲子園会館(旧甲子園ホテル)は日本に残る数少ないライト式の建築であり、


国の近代化産業遺産および登録有形文化財に登録されています。
帝国ホテルの常務取締役でホテル界の第一人者といわれた林愛作(1873~1951)の理想にもとづき、


フランク・ロイド・ライト(米・1867~1959)の愛弟子・遠藤新(1889~1951)が設計しました。


 中央に玄関・フロント・メインロビーを置き、左右に大きくメインダイニングとバンケットルームを張り出し、


その両翼の上階に、集約された客室群を階段状に配した構成となっています。 
「打出の小槌」を主題にしたオーナメントや緑釉瓦、西ホールの天井に見られる市松格子など、


日本の伝統美が随所に取り入れられ、壮麗な洋風建築の空間と巧みに調和しています。


 


↓ 晴れてよかったー  日の丸の国旗がなんか、、



 



 


↓ 緑の中から見るとちょっと違う



↓ 南側からのビュー。



 


↓ 写真には写らないが鳥対策のテグスが何本か上部にとおっていました。でもよーく見ないと気づきません。



↓ この登録文化財は大学の校舎でもあるんです。武庫川女子大の建築学科、こんなところでお勉強って英才教育すぎます。


http://www.mukogawa-u.ac.jp/~arch/pamphlet/pamphlet2016.pdf  


7ページ目の卒業生の就職先が大手。無添加住宅グループに是非来てほしいものです。



↓ 外部に使われているタイル。基本この向きの組み合わせ



 


↓ 冬至の日にだけ日が水盤に当たるように設計しているマニアな箇所。



↓ ここから日が入り



↓ この水盤めがけて



 


↓ 冬至の日はこうなるらしい。撮影していたものを写させてもらう。



 


↓ 照明器具ももちろんオリジナル



 



↑ 丸いフォルムシリーズと


↓ホールでは格子シリーズ



 


↓ 間接照明も。でもこれは後付け工事かな?



 


↓ 1929年起工の建物の雨樋。さすが。塩ビや合成樹脂ではないので現存してます。鋼板製がいいですね。


 



 



↑ ホール!


↓ 写真ではわかりませんが、このガラスは阪神大震災にも耐えた建築当初のガラス。最近のガラスと違いもやもやが残っているんです!


味があるなー 今のガラスには無い味なんです。



 


↓ やはり暖炉。床のタイルもかなり遊んで貼っている部屋です。



↓ 校舎でもあるので売店でいろいろ売っています。スチのりも登録文化財の建物でも売っています。



 


フランク・ロイド・ライト重要文化財ヨドコウ迎賓館を見学してきた2015年07月20日


フランクロイドライト設計の明日館(みょうにちかん) 池袋駅徒歩数分見学してきました2015年01月30日 


フランク・ロイド・ライトさんのプレーリースタイルの家がたくさんあるシカゴに行ってきた!2013年09月02日 






全国の無添加住宅の一覧はこちら→ http://www.mutenkahouse.jp/agency/agencylist/


お気軽にお問い合わせ下さい。

スポンサーサイト

フランク・ロイド・ライト重要文化財ヨドコウ迎賓館を見学してきた

兵庫県芦屋市のヨドコウ迎賓館に代理店の方の希望者で行ってまいりました。


https://www.yodoko.co.jp/geihinkan/


上記ホームページより抜粋


二十世紀最高の建築家の1人と言われる、フランク・ロイド・ライト


(Frank Lloyd Wright)によって設計されたヨドコウ迎賓館は


兵庫県芦屋市の緑に囲まれた小高い丘の上に建ち、1974年には国の重要文化財に指定され・・・


 


自宅からもっとも近いヨドコウ迎賓館に今更ながら始めて行きました。フランクロイドライトものの最初に見に行ったのはなぜかシカゴのオークパーク


遠いところからのスタートでしたが、ようやく直近の施工例をクリアです。



基本設計終了は1918年 いまからおよそ100年前。



↑ 思っていた以上に見学者が多かったのが驚きです。



↑ 芦屋の山手から街の景色が一望できます。



↑ 入口が低く作られています。わざと頭をさげさせて通すというやつでしょう。



↑ ↓ テーブル もちろん このおうちのために作られたものですね。座ってみましたが、スポッと入る感じがして安定感がありました。



↓ 照明器具



 


↓ 元は個人住宅ですので和室がメインのところにドーンと。欄間が銅で作られています。



↓ きれいな緑色になっています。緑の銅の活用と言えば池袋の明日館を思い出させます。



 


↓ このひし形の窓も池袋の明日館にありました。明け方も同じです。



↓ かなり手の込んだトップライトというか明り取りです。しぶい。



 


↓ やはり暖炉。



 


↓ おそらく1924年の竣工当時のままか?下のボコボコしたのはガラスの棒です。すごい発想です。



↓ 浴槽。この広さの家には似つかわしくない狭さです。



 


フランクロイドライト設計の明日館(みょうにちかん) 池袋駅徒歩数分見学してきました2015年01月30日 


フランク・ロイド・ライトさんのプレーリースタイルの家がたくさんあるシカゴに行ってきた!2013年09月02日 


全国の無添加住宅の一覧はこちら→ http://www.mutenkahouse.jp/agency/agencylist/


お気軽にお問い合わせ下さい。

フランクロイドライト設計の明日館(みょうにちかん) 池袋駅徒歩数分見学してきました

重要文化財 自由学園 明日館 を見学してきました。


http://www.jiyu.jp/


設計はフランクロイドライトさんの設計です。


諸事情により低予算で作られたそうですが、これで低予算?と思わずにはおれない出来栄えです。


過去の投稿で2013年9月にアメリカのシカゴの高級住宅地で100年前のフランクロイドライトさん設計のおうちをみてきましたが


日本での施行例もいくつかあるんです。意外に最寄りの芦屋のところには行っていません。


フランク・ロイド・ライトさんのプレーリースタイルの家がたくさんあるシカゴに行ってきた!


新春の互礼会が東京であるついでに池袋駅の徒歩数分のところにある「自由学園 明日館」に行ってきました。コーヒーとお菓子でま付いて600円、安い。


重要文化財ですが喫茶店替わりに使えそうです。


重要文化財。無添加住宅も100年後に重要文化財として認定してもらえるように素晴らしいものを生み出したいです。


 


 



↑ 正直、写真でみていた印象よりなんか小さい感じと思いました。でもとても堂々とした感じです。


 



↑ 講堂のほうのたてもの。この張り出しが落水荘を連想させます。



 


↑ 逆行とか無視です(笑)


 



↑ 講堂の写真。



↑ 本館のほうの廊下。視線の至るところに窓のオリジナルの格子が視界に入ります。



↑ 廊下と室内の境界。直ですね。



↑破風板のジョイントのカットに手が込んでいます。わざわざこの形にカットしたんですね。



↑ 入口のうちのひとつ。向こうの光が見えますね。気密?そんなのこの時代カンケネーです。



↑ 靴箱。現役からのものなんでしょうね。


 



↑ この窓の開け方! 


 



↑ 机のジョイント部分。手が込んでいます。



↑ 窓の格子のデザインの列記です ↓



 



↑ 教室。この斬新さは現代でも通用しますよね。



↑ 窓の隙も直す気もないでしょうし、ゴムやらスポンジやらを詰めたりする気もないのでしょう。


暖炉をだけばいいよねって感じだったのでしょう。



↑ 別の入り口 もちろんデザインが違います。



↑ 傘立て



↑ 傘立ての下の受けの部分のアップ。銅製ですね。これも恐らく新築当初からのもの。なんかしびれます。


 



↑ 食堂。もちろん暖炉あります。照明、机、椅子、すべて造作で作られています。



↑ 本当は燃やしてほしい。が、現代の家が建てこんだ池袋ではさすがに厳しいのでしょう。オブジェとなっていますね。



 


 



 



↑ 喫茶コーナーの机と椅子。元々の小さい子供たち向けなので 本当におっさんには小さいです。



 



↑ 私が椅子に座って、ひざがテーブルの上より20センチくらいの高さになります。どれだけ低いが伝わるといいのですが。



↑ 人が減ったのを見計らいパシャリ。



↑ なんとこの椅子とテーブルは販売されています!が、高い!


 



↑ 喫茶コーナーにも暖炉。



↑ 喫茶コーナーの上にあるギャラリーからみた様子。ここからのビューが一番いいかも。



↑ 道路を渡って向いの講堂の中です。



↑ 講堂もサッシはデザインされています。



↑ 講堂の裏側?の様子



↑ 講堂の表側から撮影した窓のふちの近影。このひび割れのものが当初からのものかどうか気になりますが、おそらくは当初のものかな。



↑ 講堂の表側?からサッシをみると窓台は木のままなんです。裏側は板金でカバーされているのですがこの差がなぜなのか?



↑ 裏にまわってサッシのあたりをみるとなんか白蟻かなんかにやられてるー


重要文化財なので早急な白蟻処理を頼んます。



↑ 銅製の水切り板金で施工したのに合わせて塗装を緑で統一。銅は緑色に変わりますものね。それを見越してまわりの木も緑色に塗装ということか。


 



↑ 軒もしっかり出ています。


 



池袋駅から至るところにこの案内板がありました。まず迷いません。


東京に行くついで一度は行ってみてください。

桂離宮に行ってみた。

 















桂離宮
新建築社
新建築社

「桂離宮」という天皇の別荘が京都にあります。


1600年代に建てられ宮内庁が管理し、一般の方も無料で見学出来る。


http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/katsura.html


建築に関わる方なら名前くらいは聞いたことはあるレベルの有名な建物です。


 


見学も無料とはいえ、その予約方法が面倒でみたくても見れないのこれまでのイメージです。


が、最近はインターネットで予約受け付けも可能になりまだマシになりました。


これまでは京都まで直接申し込みに行くか往復ハガキで返事を待つ という途方も無いハードルでガードされていたのです。


また、紅葉の時期など人気な時期や閑散な時期とバラつきがあるようです。


 桂離宮のwiki


 


桂離宮と日光東照宮―同根の異空間


記事の一番最後に紹介しているこの本が結構面白かったです。桂離宮と日光東照宮は17世紀の同じ頃、


同じようなメンバーが絡んで建てられました。太陽のモチーフと月のモチーフの対比。


別荘と神社。ブルーノタウトの感想の格差。


天皇家と幕府創設者の対比。


侘び寂びの世界観と質実剛健の世界を好んだ家康との対比。次は日光東照宮を見に行ってみたいです。


 


桂離宮は「月」を楽しむ 場所として作られた場所です。存在理由として桂離宮と月は本当は切っても切れないはず。


なのになぜ?16時から17時が最終の見学枠なのか?月、出てないよねこの時間。


お役所仕事にもほどがある!


無粋です。もっと偉い方や文化人の方がプレッシャーかけてほしいです。


 月を楽しむ場所では月を楽しませてよ。


 


 



庭が楽しめるように作られた。一時間だけでなく、もっとゆっくりしたい。


 ↓ 四季に分けて再訪したい。



↓ 見学には「外国人枠」のようなものがあると都市伝説ぽいことも耳にしました。


確かに外国の方が数名居られました。この侘び寂びの空間をどう感じたのでしょうか



↓ 昭和の大修理の際にこの石を全部紙にトレースして書き写してから、


 凹んだ部分を平らにして再度まったく同じように石を並べなおしたらしいです。


 「昭和の大修理」のことはプロジェクトXにもなったようです。



↓ 橋。これらはさすがに17世紀のままではなく、ちょいちょいやり変えているようです。


 そりゃそうか腐りますわね。新しくした際に苔も植樹したから苔てますが、その手間の通路の部分の苔は


枯れてしまっています。もともとはこの通路のあたりも飛び石以外は苔で覆われていたらしいです。



↓ 有名な市松柄。いろいろ特別サービスがありました。書いちゃいけないと釘をさされたので書けません。



 



 ↓ 三和土



↓ キリシタン灯籠。マリア像の上部だけが模様のようにみせているが、地面の下の部分まで合わせるとマリア像が出てくる。


神道の中心である天皇家の別荘で、他の宗教の神様を仕込むとか当時のデザイナーはやりたい放題ですね(笑)



 ↓ 茶室の中に入れないのが残念。腰かけるのまではOKです、首を室内に突っ込んでの内覧です。


  じっくり体感したいなぁ。


 


↓ 有名なポイント。以外に小さい。



 


↓ 草の延段 。並べ方により 「真」「行」「草」と3段階あります。



 




 



 



 


↓ この書院の中をみたいのなー。ふすまもあけてくれません。残念。月のデザインの欄間もみれず。



 


↓ ガイドのおじさんがこの石のサイズを全部測ってみたら、手前から奥にいくにしたがって、


石が5mmづつ大きくなっていたとのこと。入り口に立った瞬間から空間が広く感じられるように配慮しているのです。


これはこの庭に面した障子も同じような感じで作られており、サイズが違うもので構成されているといったマニアなデザイン。


 


 


↓ 関守石。ここからは入ってはイケませんの印。



 


 ↓ おそらく「昭和の大修理」の際に合成樹脂で補修したのではなかろうかと思われる部位。


白く色なっているところが合成樹脂?その時は色を塗ってわからないようにしていたのでしょうが、


ここの部位のように雨が当たるところは剥げてしまったのでしょう。


昭和の大修理の際、合成樹脂で補修された部分はあと、何年もつのでしょうか?


また樹脂?たぶん無理です。気がつけば、すべて新しい材料に入れ替わってしまっているのかもしれませんね。



 


 ↓ 俵万智さんが書いていた本に、この桂離宮の元ネタは1000年くらいに書かれた『源氏物語』からだと紹介がありました。


そうするとフィクションの物語を600年後くらいに実物を作ってしまったという壮大なストーリーになります。なんかすごい。















桂離宮 (とんぼの本)
俵 万智,十文字 美信
新潮社













月の桂離宮(DVD付き)
三好 和義
小学館













NHKスペシャル 桂離宮 知られざる月の館 [DVD]
教養
NHKエンタープライズ
















桂離宮と日光東照宮―同根の異空間
宮元 健次
学芸出版社

フランク・ロイド・ライトさんのプレーリースタイルの家がたくさんあるシカゴに行ってきた!

フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wrightさんとは「近代建築の三大巨匠」と呼ばれるうちの一人です、


1867年~1959年、日本にもいくつか作品を残されているので建築の世界では有名な人のうちの一人。


今から100年ほど前に建てられた作品郡が、アメリカのシカゴのオークパークという街に残っているのです。


この頃はアメリカでも合板を使ったいわゆるツーバイフォー工法はまだ確立されていません。


合板に依存した構造になっていないので、100年経っても現存しているものが多いのでしょう。


また、オークパークという街自体も100年前から現在まで「高級住宅街」として維持しているのも、興味深いところ。


100年前の日本人気の住宅街ではどうでしょうか。


大きなお屋敷は分譲会社が買い上げて、細かく分割して市場へ再供給することが、当然とされています。


時間が経てば経つほど、大きい敷地は人気の住宅街では無くなってくるということです。


 


「家」の魅力も大切ですが、「街」としての魅力も見逃せない、それはそれで一つのカテゴリーが出来ると痛感した旅でした。


 


この夏、シカゴのオークパークに、フランク・ロイド・ライトさんの100年前の作品たちを見てきました。


有名な「落水荘」はシカゴから離れているので今回はパスです。


事前に図書館で関連する書籍を10冊ほど借りてみました。


いろんな本に出てくるおうちがそこら中にあるというはとてもすごい空間です。


 


 


https://en.wikipedia.org/wiki/Arthur_Heurtley_House


アーサー ヒュートレイ邸


なにが凄いって現役で人が住んでいる家が「ウィキペディア」に外観写真や位置情報まで公開されている!ということです。


レンタカーで「このあたりかなー」と走っていると突然出くわしたりします、まずはこのおうちでした。


 無添加住宅の作品もいつかウィキペディアに載るくらいにメジャーになればいいなと願います。



 レンガの目地の縦と横は、色を変えているというのがものすごいコダワリのディティール。



 


ネイザン ムーア邸 


https://en.wikipedia.org/wiki/Nathan_G._Moore_House


ここには人は住んでいないようです。



 しびれます。



 


https://en.wikipedia.org/wiki/Edward_R._Hills_House



 


 



 


ライトさんの自宅兼事務所がショップ兼ガイドツアーの受付となっています。


http://gowright.org/home-and-studio.html


 



 



 


 



 


今回どうしても見ておきたかったウィンズロー邸。


ライトさん独立後初の仕事のもの。プレーリースタイルの原点となるものでしょう。


どの本にも必ず載っているおうちの一つ。


ドンとした構えになぜか手を合わせたくなったのが不思議なこと。


 


このおうちも普通に人が住んでいました。帰ろうとした時、おうちの住人らしき方がレクサス乗って


お昼ごはんのようなものをかかえて家に入っていきました。


https://en.wikipedia.org/wiki/Winslow_House_(River_Forest,_Illinois)



 CMをたくさんしているとある量産メーカーは、ライトさんのデザインを真似て作っているのがよくわかります。


 



 


ヨーロッパにはヨーロッパの。


アメリカにはアメリカの。


日本には日本の。


それぞれの事情に合った建物が建てられます。


プレーリースタイルは草原にあうおうちと想定しているので、広大な敷地にどっしりとしたバランスで構えるデザインが似合うのでしょう。


それは広大な庭までが設計デザインに入ってのこと。


(アメリカと比較すると)狭小地の日本の敷地に、家だけコピーしてどこまで似合うのか?


デザインを採り入れるのは十二分に配慮したいところです。


出来る真似と無理な真似があると思います。


 


手がける家は、軽く100年は現存してほしい。


それにはやはり「劣化」すると解っているものは使えない。


石油製品が出てくる以前のものを中心にしないと。


かと言って高くなる普及しない。


快適でないと広まらない。


かっこよくないと愛されない。


いろいろ考えても「無添加住宅」に戻ります。


 


何気に走っているとユニティーテンプル。学生さん達が写生していました。


https://en.wikipedia.org/wiki/Unity_Temple



 


これもふと後ろを振り返るとヘミングウエイさんの生まれた家。ヘミングウェイさんもお金持ちのおうちに生まれていたのね


 


 


 


今回はファミリーでの移動したのでorkparkでの滞在時間は短かったですが、出来ればまるまる一日は欲しいところです。

正倉院正倉整備工事第3回現場公開の見学

樹林ホーム(千葉)さんに誘われて、奈良の「正倉院」へ見学へ行って来ました。


「正倉院正倉整備工事第3回現場公開の見学」というイベントを宮内庁が主催していたのです。


http://www.kirinhome.co.jp/  正倉院http://shosoin.kunaicho.go.jp/shosoinPublic/top.do



↑ 宮内庁の方にとってもらう。こんなことさせてよいのだろうか。


 


↓  屋根の部分にあがりました。瓦を剥がしたあとの様子。秋田社長の説明に聞き入る山根さんたち。



↓ 大正自体の改修工事の際に使われた銅板の水切り。ちゃんと残っています。



 



↑ ↓ 奈良時代の瓦から歴代の瓦と、いろいろ混ざって施工されるようです。屋根材が1000年超で混じって


施工されているってはかり知れないです。今回も新しく追加される屋根もあるようで、それが次の100年後に


何枚使えるようになっているのか興味深いところです。古くてもチェックして使えるものは使う、


新しくてもダメなはものはチェックしてはじく。すべての瓦をチェックするのは大変だ。


だが、それで8世紀の時代の瓦が現役で利用されていることがすごい。



 


もちろんこの時代のもので石油から作ったような材料はどこにもありません。


シンプルだが、本当に長期利用に耐えれる。耐えてる。


 


↓ ついでにそばの東大寺に。 人と比べると大仏さんはデカイ。



 


↓ ネットでも別の意味で評判の蝶。大仏さんのそばにいます。


空想の蝶であるのは間違いないのですが、なぜこのデザインがここに?というのが誰もわからない。


なぜ八本足?なぜ触覚ない?羽のさきっちょがなぜ2つに?なぞだらけ



 


 


資料請求はこちらへhttps://www.mutenkahouse.jp/request/

銀閣寺は銀色ではない

先日、とある理由で京都に行ってまいりました。


その際、銀閣寺もついでにみてきました。



補修してました!入場するのにお札を500円で買わないといけません。


しかし、入場にお金がかかるとわかると引き返す人が何人かおられました。


なんていったって国宝です、維持費がかかるからしょうがないですね。


↓銀閣寺の簡単な文化的な説明はこちらのブログにて


 日本文化の独自性は侘び・さび であることの解説がかかれてあります。


 オススメ。


http://blog.goo.ne.jp/moriyutaka411/e/4a93ec5260f3af41022f6da6728eabac


 


↓砂盛



 



↑銀閣寺ではない、別の国宝。東求堂。


 


ちかくの蕎麦屋さんの入り口に茶室がつくってありました。


にじり口も子どもにはちょうどなサイズの入り口になります。



お食事に来られた婦人のグループが、


「あー二畳台目ね」と茶室をみてさらっとお話が進んでいました。


こういうのをみて、何々でこうですねって会話が


進む人たちってなんだかすごいと思いました。おそるべし京都。



 


権太郎 というお店でした。http://gontaro.co.jp/kyoto/head_store.html


↓店内の壁に竹アジロが貼られていました。


竹の表面もこなれてくるとつるつるにきれいになってましたよ。



 


 


 


メインはお寺での金戒光明寺


 



実は身内が献体にでたのでした。ここでその年の献体の合同祭です。



 


 ←クリックへのご協力お願いいたします。

美観地区 倉敷を始めて歩く

 3~4年前から散々岡山へ仕事で来ていたのですが、


この前、始めて倉敷の美観地区を散策しました。


といっても、9時前後なので、お店をほとんどあいてなく


まだまだ準備中といった感じでした。


 



 


 


 



 


↑しかし、これだけの規模の広さで、ここまでの数の建築物を


 昔のままで保存するというのは大変であったろうと思います。


 無添加住宅の原点のつくりがここにありって感じです。


 石油由来の接着剤が無かった頃の建物なわけですからね。


 


 


↓ランキングアップのためにご協力をお願いいたしまーす


http://house.blogmura.com/sozai/ ←まだ一桁台のランクイン中!がんばれベスト5


http://blog.with2.net/link.php?226144

川端(かばた) 滋賀県 針江地区

↓ランキングアップにご協力下さい。クリックでいいんです。


http://house.blogmura.com/sozai/


http://blog.with2.net/link.php?226144


 


昔、TVでやっていたところにどうして行ってみたいと思い、なんとか検索でここだろうとあたりをつけ行ってみました。


そこの村は、自宅の中まで井戸が引き込まれ、


食器などの洗いものや、残飯などは自宅内の用水路のようなところで処理するのです。用水路のようなところには鯉などがおり、残飯などの処理をしてくれるといったエコぶり。 このようなシステムを「川端(かばた)」というようです。


 



 




 



湧き水ですからかなり冷たいです。真夏の昼間でも長く入ることは無理だと思います。



鯉がうようよしているところがありました。パンをあげるとものすごく食いついてきます。


 


↓どうもガイドさんに依頼して見学しないといけないようでした。この日まで夏休みのようでまた改めて来てくださいとのことです。さすがにこの情報は高島市のHPにも載ってなかったので見落としていました。残念。


琵琶湖の水源のひとつであろう水が湧き出つづけるこの村、この文化、大事にしていなかいといけないと感じます。



 



 



 


井戸のある自宅っていいですねー。


 

プロフィール

むてんかじろう 無添加住宅西日本

Author:むてんかじろう 無添加住宅西日本
無添加住宅の西日本エリアをぐるぐる回っているスタッフのブログ。2005年スタート。528話あるので1週間に10本読んでも1年かかってしまいます。ご注意下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント