北京で屋根の補修を見ました

 


北京の路地を適当にうろうろしていたら屋根の補修工事を見かけました。


部分的にはがれてしまった瓦の張替えのようです。


左官屋さんがモルタルを器用に塗っています。


端の仕上がりは予想以上にきれいに仕上がっていました。(笑)


 





セメントが屋根の上にあるので、だいぶ屋根の重さはあると思います。


しかし、モルタル(セメント)と焼き物だけの屋根です。


プラスチック製のカラーベストよりかは


だいぶ長持ちしてエコでしょう。


スポンサーサイト

日経新聞のイベントに

実は明日、東京の日経ホールというところで秋田社長がパネリストとして話ます。


辰巳琢郎さん、 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%B0%E5%B7%B3%E7%90%A2%E9%83%8E


永井美奈子さん、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E4%BA%95%E7%BE%8E%E5%A5%88%E5%AD%90


 柳沢 幸雄教授 http://www.yy.t.u-tokyo.ac.jp/yukio.yanagisawa/


と豪華な面子です。


すでに700人くらいの来場が予想されているようでどれくらい盛り上がりになるのか楽しみです。


↓ 日本経済新聞社主催「プラスワンフォーラム」 ~健やかに暮らせる住まいづくり~    


開催日:4月22日


時間:13:30~16:00


場所:日経ホール東京都千代田区大手町1-9-5


   日本経済新聞社8階


 出演者 辰巳 拓郎氏(俳優)    


     永井 美奈子氏(フリーアナウンサー)    


     柳沢 幸雄氏(東京大学大学院教授)    


     秋田 憲司氏(㈱無添加住宅代表取締役)


  メール: plusone@nikkeistaff.co.jp


フランスのホテル

今年の2月にドイツに行ったのち、フランスにも行きました。


最終日 贅沢をして4星のホテルに泊まりました。


百年以上も前からの建物でいかにも年数を感じさせる柱、梁を使ったお部屋でした。その部屋は布製のクロス壁にはってあります。


しかし、糊でとめているわけではありません。上部、下部のみをピンで留めているようです。弊社のオリジナル漆喰ではコストのかかりすぎる「模様」を布製クロスであればボンドを使わずはりつけることが可能です。


しかし、布の印刷に化学物質が大量に使われていると思いますが・・・


 



 



フランスの雑貨屋さんの写真です。


意外にベトナムとかのアジアの工場で作製されたものが


売られているようです。そして、すでに一部の商品は日本にもベトナムから直接日本に入っていているようです。



 


 


 


 


 


 


 


 


 

化学物質過敏症支援センターとのリンク

実は「無添加住宅」の代理店さんですでに13社ほどが「化学物質過敏症支援センター」のホームページにリンクを貼ってもらっています。 リンク一覧の一番下のほうです。


http://www.cssc.jp/link.html


 


l

オリジナル漆喰


 


弊社のオリジナル漆喰を燃やしても燃えません。


ビニールクロスのようにダイオキシンも発生しませんし、


有毒なガスも発生しません。


ヒトに無害な素材のみを使ったオリジナル漆喰です。


 


お客さんの前でよくバーナーで焼いてみせます。


 


中国のピンクおじさん


どこにでもいるんですね・・・

中国の市場にて

神戸にも、西宮にもピンクの服を着るおじさんが確認されています。
中国にもいるとは夢にも思いませんでした。
プロフィール

むてんかじろう 無添加住宅西日本

Author:むてんかじろう 無添加住宅西日本
無添加住宅の西日本エリアをぐるぐる回っているスタッフのブログ。2005年スタート。528話あるので1週間に10本読んでも1年かかってしまいます。ご注意下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント