大掃除

今日は最後の大掃除

私は会社の車の洗車係りになりました。

いつのまにか、大掃除にすら「担当」ができたことに会社が大きくなっていることが感じます。



さすがに寒いので洗車機の機械に通しました。
夏であれば、楽しい作業なのでしょうが、
暖冬とはいえ寒い作業です。

洗車機に入れました。
4台分洗車して車内清掃すると結構な時間がかかります。

一年間お世話になった車に感謝!です。
次の洗車のときには、ちゃんと手磨きで洗車してワックスもかけてあげたいと思います。

今年の仕事はこれまで。

たくさんの人にお世話になり、助けてもらった一年でした。
私にかかわったすべての人に感謝!です。

ありがとうございました。
お疲れ様です!
スポンサーサイト

山口、広島、岡山と怒涛の5社訪問

二日に分けて代理店さんを5社訪問させていただきました。
五社五様、皆さんさまざまです。

年末の忙しいときに時間を作っていただいた代理店さまに感謝!です。


この二日間で新幹線を乗りまくりました。
「ひかりレールスター」は座席も広くて快適です。

「ひかり」と「ひかりレールスター」と2種類あることにJRの失敗があります。
切符にはどちらも「ヒカリ」としか印刷されません。

ホームにあがり、指定の車両に乗り込むため待つ時に間違いが生じやすいのです。

自分の切符を見ると「ヒカリ」と書いてあるので、「ひかり」の自分の乗る車両の前で待っていると別の車両の番号が目の前に停まることがあります。

そうです。
「ひかり」と「ひかりレールスター」のホームの停車場所や車両の数が違うのです。

ネーミングのミス、と思います。ちょっとの違いならわかりますが、同じ「ヒカリ」の文字があるのに違いすぎるんです。

座席も5列と4列の差があります。
当然4列のレールスターのほうがゆったりとして快適です。

今回の二日間の出張は幸運にもすべてレールスターに乗れてラッキーでした。

新幹線も飛行機のようにフリードリンクにしたらもっといいのになー

イギリス人


今日は仕事はお休みでしたので、クリスマスにあわせてのホームパーティーみたいなものに参加しました。といってみ高校時代の友人の家にあつまっただけということです。

そのとき、イギリス人のBenさんも来られました。
英会話学校の先生として来日したてのようです。

22歳ですでに日常会話程度の日本語ができ、
英語を教えようとワーキングホリデーを利用して日本にやってくるほどの人です。

まじめです。

大学時代でちゃんと勉強しておられたのがわかります。
近所に住んでたら、仲良くなって英語をいろいろ教えてもらいたいのになーと
つくづく思います。

国際交流のきっかけって身近そうで、なかなかきっかけがないものですね。
嫁がママ友達の影響で英会話を子どもにさせようと考えはじめましたが、
英語が第一言語の人とお友達になってしまうのが一番てっとりばやいと
おもうのです。ディズニーの英語DVDやCDを聞かせてマスターできるカシコい子であればラッキーですが、普通は途中で飽きてしまい、続かないと思います。

Benさんをとりあえず今度おうちに招待してみようと思います。

10年前の2倍!幼稚園児から小中学生の割合

幼稚園児から小中学生の割合が10年前の2倍になっていると、文部科学省からの統計でわかりました。


 「大気汚染や室内環境の変化などが指摘されるが、ほかにも様々な影響が考えられ原因の特定は困難」


 


また「ぜんそくの診断ができる医療機関が増えたことで、学校が把握するケースが増えた可能性もある」とも言っているようです。いったい何が正しいデータになるのかもっと分析してから教えてほしい!と感じてしまいました。


 

宮崎・鹿児島に行きました

 


宮崎から鹿児島までレンタカーでぶっとばし4時間ちょっと。


結構な道のりでした。スピードオーバーした車のカメラなどないようで結構な人が140キロは出されていたように感じます。


 


鹿児島につき、はじめて食べるものが2つ。



↑カツオの腹皮 はじめて食べました。濃厚な味です。


↓ミミガー じつははじめて食べます。いい食感です。



 


鹿児島のホテルがちょっと変わっていていい感じです。ホテルガストフ


ヨーロッパの旅籠(はたご)をイメージした高級感のないホテル。


ヨーロッパ調ときくと高いイメージがありますが、6000円前後のようです。


調度品は全部輸入、洗面はぺデスタイル、カーテンの柄も派手。


海外で泊まったときのホテルを思い出します。


 


 


健康診断で女医さんが「無添加住宅」にくいつく


健康診断に行ってきました。

バリウムとかは飲まない簡単な診断のようです。
採血は3本ほど取られましたがどんな診断されるのかは
まったくわからないです。

検尿のためにコップにおしっこをするのですが、なんともはずかしものです。
 出したてのなまあたたかいコップを渡す。なぜか気まずくなります。

問診がありましたが、まったく形骸化した質問と答えでした。
「体の部分で何か気になるところはありますか?」
「まったくありません」
「相談するようなところはありませんか?」
「  ありません・・・」

はずかしいくらい健康です。

「毎日水は4リットル以上は飲んでます。いや下手すると6リットルは飲んでるかもしれません」と蛇足的なことも言えず、しばし沈黙。

問診の女医さんは私のカルテにかかれた「㈱無添加住宅」にくいつきました。
「無添加住宅ってなんですか?」

簡単に説明すると
「興味がある」と言っていただけました。
是非ホームページを見てくださいとお願いをして次の検査に向かいます。
待合ベンチで次の検査を待っているとドアの向こうで

「無添加住宅やってー」と微妙に楽しげな看護師さんたちの声が聞こえます。
おおー
意外なところで広告活動が出来るものです。
今日の自分のカバンにパンフレットや本が入っていないことを残念に思います。

何気にうちの社長の本を待合室に忘れていったフリをして
置いていってしまえたのに…

これから病院に行くときは資料一式を常に持っていくことを忘れないようにします!
これは代理店さんの従業員さんも是非実践していってもらいたいものです。

ちなみに女医先生が黒の網タイツだったのが非常に印象的でした。
関係なくてすみません。




ゴスペル、ルミナリエ

ゴスペルに行って、神戸のルミナリエに行って


気がつけばクリスマスちっくなイベントがまわりに多くなってきました。


 



↑↓赤い蝶ネクタイが遠目の席からでも印象的でした。年をとってもこういう風になりたいと思います。



もちろん歌も迫力満点。歌声の波動を感じました。


ジャンルはなんであれライブに行くと元氣をもらえます。


 



↑混雑する前の昼間のルミナリエの道路。


日中は普通の道路が夜、イルミネーションが点燈するときには歩行者天国になります。夜の混雑がうそのような昼間です。


昔、試験点灯をするという情報が入り騙されたと思って行ってみると、本当に試験点灯が行われました。そのときはガラガラの道路をゆっくりと楽しみながら歩けました。本来は、満員電車のような状態でちょっとづつ進んでゆったりとは出来ません。あの時の見学が一番よかったなー。 あとから聞くと障害者の方をご招待してゆっくり見学して下さいという意味もあったようです。


 


ルミナリエでいつもよくわからないのが、ルミナリエ募金とルミナリエ宝くじ。


100社を超える協賛企業があるにもかかわらず、まだルミナリエの運営自体が費用的に危ぶまれるものなのか?開催当初は本当に赤字ぎりぎりだったと思います。その年の開催で終わり、来年はないということでしたから。それが4年5年と、毎年のように、もうこれが最後、これが最後といいつづけ、9年目の2004年にはとうとう「風物詩」のようなことになり定期イベント化。魂の鎮魂の意味も当初はあったのに、経済効果があまりにもおいしかったのではないかなーと考えてしまいます。


募金しなくてもいいくらいに協賛企業からあつめればいいのに。


募金を受け付けるとルミナリエのイベントをみんながボランティアでしているように勘違いさせてるように勘違いさせるのではないでしょうかす。募金のお金の行き先が気になります。 ご存知の方どなたか教えて下さい。


 

カレンダーできました

カレンダーできました。


全国のモデルハウスや展示場のきれいな写真を基にカレンダーがつくられています。


結構かっこいいと思います。ご希望の方はお近くの弊社代理店様までお問い合わせください。もちろんこちらにお問い合わせしていただいても結構です!



 


福岡、佐賀、大分に行ってきました。


福岡→佐賀→福岡→大分と1泊2日レンタカーで走り抜けました。
代理店さんまわりです。

大分の坂井建設さんのモデルハウス用地に行ってみました。
3月が完成目標です。

パークプレイスという新しくきれいな街の中に
突如、無添加住宅が現れます。
いまから非常に楽しみです。

まわりはほとんど一般的なハウスメーカーさんのおうちばかりですから
とっても目立つことでしょう。



見学に行きました。

大阪の北摂といわれる地域に「無添加住宅」の完成現場と建築中の現場を見学してきました。代理店さんの現場です。

デザインに対してのポリシーも明確であり頼もしいかぎりです。
板一枚の端の部分に際しても ソフトなエッジ、シャープなエッジ と好みがわれます。

何気ないパーツも全体の雰囲気を醸し出す大切なものです。

画像はうっかりメモリーカードを持って帰るのを忘れたためアップできません。
近日中にアップします。

無添加水

ちょっとした販促用のアイテムとして「無添加水」なるものを関係代理店さんと作ってみました。世の中に限定1万本しかありません。いまのところなくなったらおしまいです。


正直味について、普通のミネラルウォーターとどれだけ差があるかは私にはわかりません。私ははずかしながら「硬い」とか「やわらかい」程度の差しか体感できません。さらに正直に言うならば「やわらかい」と判断するのは「硬くない」と言う味の場合に、「やわらかい」と判断するだけです。つまり、味として感じるのは硬水の「硬い」感じだけということです。


とりあえずこれは「硬い」感じがしなかったので「軟水」だと思います。



 


 



調べてみましたが、ちゃんと「軟水」となっておりました。よかった。

アールをつくる漆喰

 


意外なところまでアールを漆喰でつくれます


やわらない仕上がりをお好みの方にはぴったりな


無添加住宅オリジナルの漆喰だと思います。



 



 



 



 


棚のところもアールを漆喰でするとかっこよくなります。



 

無農薬野菜

無農薬野菜を通販ではなく、お店でじかに買おうと思っていろいろ調べていたのですが、思っていた以上にないですねー、神戸では。

通販ではいろいろあるのですが、
お店に無農薬野菜を並べて売っているお店ってないです。
隔週の日曜だけとかであれば1件情報がありました。定期的においているところは無いのですね。
アオムシだらけになり、ビジュアル的に耐えられないからでしょうか、
そして、無農薬で作っている人たちが本当に少ないのでしょうね。

個人で作っている方はちょこちょこおられるようですけど、まったくの完全無農薬は手がかかりすぎてあまりにも大変だということも聞きました。

できるだけ無農薬に近いものをお店で買ってみたいものです。

神戸や兵庫県でご存知の方、教えて下さい。
よろしくお願いします

まいうーの人にあった


私は代理店さんのところに出張に出向くことが多いです。その際、たまにTVに出ている人(芸能人・スポーツ選手など)と出くわすことがあります。


今年は、夏に「まいうー」の人、石塚さんと 冬に琴欧洲さんでした。


はじめ 石塚さんを見かけたときは、「まいうー」の人としかわからずなかなか名前が出てきませんでした。しかし、さもファンの振りをしてちゃっかり写真をとっていただきました。石塚さんすいません。正直たいしてファンでもなんでもありませんでした。とちらかというと石塚さんの相方の恵としあきさんの方がラジオでなじみがありファンです。


でも快く撮影にも応じてくれ、予想以上のさわやかさであり勉強になりました。


 


琴欧州さんは握手だけしかできませんでしたが、とりあえずデカイ


握手の手もデカイ。身長2mはあるというのはすごいですね。180センチある私が見上げました。


 


今年出会った2名はとちらも 恰幅(カップク)のよい方であったのが何の因果がわかりません。とりあえず私はダイエットをしてウエストまわりを絞りこもうと思います。

原工務店のショールームオープンイベント 

山口県の代理店さんの原工務店さんに行ってきました。


12月3日のショールームオープニングイベントがあったのです。


ハワイアンフラが行われました。


生でフラダンスをみたことがなかったので、よい体験でした。


映画「フラガール」はまだ見たことがないので、そちらも見てみようと思います。



↓年に一度ハワイに行って勉強されている先生。




↑インストラクターコースの人達です。やはり先生目指しているだけあってキレが違いました。 




 ↑みたことない小さな坪状のタイコを使って踊っておられました。



 ↑ショールームのキッチンです。アイランド型



↑キッズコーナー あかるくあったかいところでした。


 


↓「もったいないコーナー」というものが設けられています。


ワンガリ・マータイさんの言葉を思い出します。





↑私は山本リンダなどにレコードをいただきました。もちろんレコードプレイヤーはもっていないのですが、友人でDJをやっているものがいるので、そこにもっていてみてかけてもらおうと思います。まだ「渡 哲也」さんなどが残っています。


 



↑過敏症ルーム

総合展示場

先日、関西意外の某総合展示場を見学しました。

個人的にかっこいいなぁーと思う建物の会社はあまり売れいきがよくないようです。
また、ちょっとコンパクトでいい感じかなと思われるところのものもお客さんの反応がよくないようです。

ウケるデザインは地域によってだいぶ変わるようです。

その地域では「重厚感」がポイントのようです。

ひさしぶりにいろんなメーカーさんのモデルを見学できました。
予想以上に刺激を受け、少なくとも半年に一度はどこかの総合展示場を見学していこうとひそかに決意しました。

次はどこに出没しよか
プロフィール

むてんかじろう 無添加住宅西日本

Author:むてんかじろう 無添加住宅西日本
無添加住宅の西日本エリアをぐるぐる回っているスタッフのブログ。2005年スタート。528話あるので1週間に10本読んでも1年かかってしまいます。ご注意下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント