禁煙を続けられている部長と社員さんががんばっています!


かなりヘビースモーカーだった代理店さんの部長と社員さんが今年の節分から禁煙を続けられているようです。


正直、驚きました。

あんなに吸っていたのに・・・


やはり、「無添加住宅」を建てているのに、タバコ吸っていることに負い目を感じておられたみたいです。

2月3日の節の分かれ目、節分の日よりスパッとやめてしまわれたようです。
すごい決断力ですね。
社員の一人の方も便乗で禁煙に突入されて同じように禁煙できています。
一人よりも二人でトライしたほうが続きやすいですよね。

「あいつが吸ってないのに、俺が先に吸うわけにはいかん!」ってことになるのでしょう・・・


結論、禁煙するなら誰かを道連れに。
   「道連れ禁煙」を推奨します。




画像は最近ではかなりめずらしい凝りにこった外観の一部です。
お施主様の意向により全体像がお見せできないのが残念です。
ここ数年に1棟の濃いリクエストに基づいた1邸でした。
スタッフの皆様のがんばりと粘りに拍手です!
スポンサーサイト

「シャボン玉石けん」さんの会報に掲載されました!

 


皆さん、「シャボン玉石けん」という商品をご存知でしょうか?


無添加せっけんの走りとして33年前から、無添加にごだわったせっけんだけをつくっている会社であり、「シャボン玉石けん」という商品名です。


昔から、コアなファンに支持され最近特に一般的に普及が進んできておられるようです。


私も9年前に友達の出産祝いに「シャボン玉石けん」さんの石けんや洗剤のセットを贈ったこともあり、また、一昨年は逆に私がお祝いとしてセットを貰ったこともあります。


そこの専務様が書かれている会報の記事に「無添加住宅」と弊社社長の秋田のことが少し取り上げられましたのでご紹介させていただきます。


シャボン玉石けんの会社は、33年前にすでに合成洗剤と決別し、一時は数百人いた社員さんらが3人まで減った時期があったそうです。それでも、「本物だけを提供していく」という姿勢を貫きとおしてこられ、今ではかなりの認知度を築き上げられております。


 


たかが石けんですが、本当に「石けん」を変えただけでびっくりするような差があります。油分が多い石けんを使うと特にはっきりわかるかも知れません。体感に個人差はあるとは思いますが、一度は良質な石けんを試してみられませんか?


 


会報の記事はこちらから↓


http://www.shabon.com/tomonokai/item_280.html

岐阜でセミナー

 


先日、岐阜で秋田がセミナーを行いました。


 



 


最近のセミナーは、新ネタです。


靴の臭いはくさいかもしれないけど、自分の臭いでいいにおいに感じませんか?という語りかけから、家の中には、コウジ菌、ニュウ酸菌、ナットウ菌がいる。人の体にもコウジ菌、ニュウ酸菌、ナットウ菌はたくさんついている。という話など結構ウケがよかったです。わかりやすい話で好評でした!


ご参加の皆様、ありがとうございます。

岡山の展示場のインテリア

 


岡山の展示場のインテリアは定期的にリニューアルされます。


今回は「うさぎ」がバラをもっていたりします。



 


白と黒の色の対比。リビングにインパクトを与えます。



 


次回もどんな感じにされるのか楽しみです。

上あごの骨にボルトを埋め込みました

先週、とうとうインプラント手術を受けました。ボルトの埋め込みです。

手術の始めから終わりまで2時間はみておいてほしいということで
他に特別なことは何もないようでしたので、
仕事の途中に手術に行ってきました。


実際は1時間半くらいで病院を後にしました。
後からわかったのですが、この時間はとてもはやいようです。
私の歯の場合、20年ほど差し歯でいろいろしていたので、歯の根元がだいぶ痛んでいたようで、手術自体がかなりの難易度だったようです。
そのむずかしさの上で1時間半で出てこれるというのは
どうもすごいらしいです。

私は、まったくそんなことは知らないので、散髪屋さんにに出入りするがごとく
「こんにちはー」「ありがとうございましたー」と普通に仕事に戻ってしまっておりました。

ご自身の腕のすごさをまったく誇示しない先生にとても職人気質を感じます。
というか、そのすごさにまったく気付かない私がちょっと恥ずかしくも感じました。
凄腕先生に感謝です。


ボルトを埋め込んだ後、歯茎を縫い付けるのですが、
ピンクの歯茎に、黒い糸だらけで衝撃の映像です。とてもお見せできません。
自分の歯茎がこんなことになっているなんて・・・と驚きです。
昨日、ようやく抜歯をして、すっきり爽快。
後は、半年ほどボルトが骨に定着するまでひたすら待つだけ。

それまで、部分入れ歯とお付き合いが続きます。がまんがまん。



健康住宅にかかわっていますと、
どうしても「健康的な暮らし方」を意識します。

それは、これまで治療していなかったところや
健康的でない習慣を止める ということも
とっても大事なことであることを痛感します。

 治療していなかったことを表面上気にしないようにしていたところで、
やはり根本的にはよくなっていません。
費用、怖さ、あきらめなどのことを乗り越えてトライしてみてようやく、
心と体の両面で「健康的」な暮らし方に近づくのだと思いす。

 いつもの歯医者さんで8年前くらいから「その歯はなんとかしなきゃいけないよ」って言われ続けてきましたが、もう大丈夫。半年後にはすっきり完了です。

無添加住宅仕様の不動産屋さん

神戸の幹線沿いにある不動産屋さんの室内に無添加住宅の漆喰を塗ったり、石を床に貼っていたりしているところがあります。ずばり無添加住宅仕様の事務所です。


この前、ちょっと寄らせてもらった時に、写真のようなかなりデッカイ梅の木が飾ってありました。入って目の前のところにあるのでかなりのインパクトです。


ここにはいつも季節の草木が飾られており、お客様への華やかなおもてなしの気持ちを感じます。普通の不動産屋さんとはまったく違う雰囲気です。


出されるお茶やコーヒーも喫茶店レベルのような気がします。


そして、事務の方が持ってきてくれるのですが出し方も、一流ホテルのように出すように指導されているようです。



これまでの既成概念にはないお店づくりをされているところに、無添加住宅がかかわれて大変よかったと思います。


無添加住宅はどうしても「住宅」が多いですが、


テナントでの利用こそが、快適な空間を提供するためにぴったりだと思います。


お店やテナントではどうしてもコスト優先になるケースが多いので見栄えのよいものばかりが使われることが多く、質が高いものを使うことは少ないです。


高級ホテルですら、ビニールクロス貼りのところがほとんど。お店での滞在時間が長いところ(美容院、人気の病院の待合室、マッサージ、エステ、託児所etc)はもっとその場所に快適性や安全性を求めるべきだと思います。


「無添加住宅」仕様にするだけで簡単に出来るのになー 

プロフィール

むてんかじろう 無添加住宅西日本

Author:むてんかじろう 無添加住宅西日本
無添加住宅の西日本エリアをぐるぐる回っているスタッフのブログ。2005年スタート。528話あるので1週間に10本読んでも1年かかってしまいます。ご注意下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント