おうちを見上げるスタッフ。


↑引渡し直前、担当者はおうちを黙って見上げていました。


いろんな思いがこもったお客様のおうち。


「作品」というにはよそよそしいけど注文住宅でしか成し得ないりっぱな住宅でした。


 


 


 



 


 


 


 


 
























↓お隣さんが迫ってたっているので1Fは暗くなり気味なのでカメラの露出を調整して明るめにして撮影。






↑2Fから下へのアングル

↓1Fから上へのアングル


何年ぶりかに7年前に買った魚眼のデジカメをひっぱり出し撮影してみました。

50mmの単焦点レンズの一眼デジカメと2台で撮影してみましたが、

やはりおうちの中は広角レンズでないとだめだなー
スポンサーサイト

企画されたおうちの場合。福岡にて

いつもフルオーダーの注文住宅のみを受注していた代理店さんが


今回はじめて「企画化された」おうちにトライされました。


完全な無添加住宅ではないけれど、プランさえ気に入ってもらえれば、


かーなり安く建築することが出来る限定5棟と1棟の二つを同時発表。


正直、「プランがいい、すばらしい」「見たことない」と


お客様からのお褒めの言葉の嵐で、こそばゆい見学会・発表会でした。


ご来場の皆様ありがとうございました。


携帯で撮影したので、一眼カメラには見劣りしますが、まぁ下スクロールしてご覧になって下さい。


 


 



 


 


↓1階からトップライトを見上げる。


なんせ明るい。と好評。



 



↑ 企画バージョンなので、アイアンには白ペンキ。


完全無添加住宅バージョンでしたら「無塗装」か「焼付け塗装」です。


 



 


↑ オープン前、POP(うんちくの説明書き)を貼り付ける城戸マネージャー。


漆喰に押しピンしても簡単に、わからなくなるのでバシバシさせます。


 


 



↑ リピーターのお客様からは、「いつもの玄関ね」と安心してもらえました。


企画したものでクオリティーが下がっているのではと心配されたようでしたが、


要はプランを過去のニーズの最大公約数的な感じで取りまとめただけです。


皆さんが必要かな と思ったものはなるべく入っているハズなんです。


 



 


 



 



↑ディスプレーも 時期的にクリスマス仕様。


 


 



 


↑サルの人形が何気に玄関も見守ります。


 


 



 


 


 



 


↑ 階段手すりも「アイアンの特注」


「ニーズが多いものは盛り込む」を本当に実践すると


普通ではありえない階段手すりを「アイアンの特注」が企画商品に入ってきました。


 



 


↑ あえての「ラベル残し」


 



 


 



 


もっと多くの方に「無添加住宅」を知ってもらえればいいな と思います。


 


 

産経エクスプレスに記事が掲載されました!




全国で7万部発行されている「産経エクスプレス」という新聞に掲載されました。
記事は一度ご覧になって見てください。

横浜の平沼橋のモデルハウスでの取材でした。

記事をWEBでもみれるようです。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/466251/

 

 

産経エクスプレスとは
http://www.sankei-express.com/about/

たまに検索されて読まれている意外なキーワード

住宅や建築にまったく関係ない話題の記事なのに

ある程度の間隔で「検索」されて、このブログに行き着いている

ロングテイルなキーワードがあります。



私が下記のキーワードで検索するとこのページが出てこなかったりしますが、



googleやyahoo、bing との差や



googleやyahooにログインしてから検索した後の「パーソナライズ化」されてからの検索結果との差、

だったりするんでしょうね。



奥深いです。



これらのキーワードでこのブログに行き着いた方は、

このブログを見てどう思われるのでしょうね。



「なんじゃこれ!閉じる!」 なのか

「ちょっと寄り道で見てみよか」

気になるところです。





川端 滋賀県 針江」      夏場に増える。意外性一番かも。よくヒット。

スザンナ 妹 マーガリン

大阪リバーサイドマラソン」  最近急増

ピンクおじさん」         忘れた頃にヒット いたるところにいるようですね

案内札 or テーブル札」    札の雛形を探す流れでしょうね

レセプションガーデン



一時的には「まきふん公園」もあったんだけどなー

最近はこれではこのキーワードでは見られていないようです。

香川県で大型リフォームでかわいい無添加住宅が誕生です

 


香川県ですごくかわいいリフォームをされた方がおられましたので写真撮ってきました。




↓下の絵はサンゴと貝殻とガラスで描かれています。しまった、この絵のタイトルを聞くのを忘れてました。


お施主さまご家族で作成されたようです。メインは奥様かな。



↓今回のリフォームをしたおうちをかたどっているんです。三角の窓、バルコニーの開口部などかなりきっちり


再現されています。最初に見たときはこのことに気づきませんでしたが、よーくみると「あれ、もしかして・・・」って感じで唸ってしまいました。






↓この部分はさすがに解説を聞かないとわかんないでしょうねー


二世帯住宅なので7人家族。その家族構成を再現されているようです。




↓ ブランコ。そうです。庭の木にはかかっていませんが。リビングにありました、ブランコが!


 


↓ 貝殻、あつめはったんやろなー




↓ 窓の色は古いガラスのカケラ。


 















 


↓ 引き戸に「取っ手」。


正直、引き戸には「へっこみ」型の取っ手ではなく、室内ドアに使う「取っ手」


つい、取っ手を握って押したり・ひっぱたりしそうですが、これが意外にあけしめしやすい。


予想外の新定番の可能性もあるかも。








↓ご主人がみつけてきた「トイレのマーク」


アイアン製の小物はいいですね。もっと普及してもおかしくないのになー。やっぱり値段のせいでしょうか



書籍「わが子を天才に育てる家」

 


お世話になった一級建築士の先生が本を出版されました。


是非一度読んでみてくださいね。


 


住環境を


「住まう」という住まい方のソフト的なとらえ方と


「環境」という間取り・素材・周辺環境というハード的なとらえ方を


分けて考えることからはじまる視点。


 


正直、誰からも語られたことが無かったお話の数々。


詳しくは読んでみてください。


 


無添加住宅では、環境のハード面でのチョイスとして抜群の自信はありますが、


その「暮らし方」「住まい方」まではあまり語りません。


ムク材のメンテナンス方法の考え方や、ロハス的な暮らし方、無添加ライフを広めようとはしていますが


この本に書かれているような「子ども部屋」のとらえ方、家族との対話・ルール決めの奥深さは非常に参考になると思います。


 


 















わが子を天才に育てる家
八納 啓造
PHP研究所

 
















 


 

スポーツな秋でした

なぜか


11月は  草野球 と バスケット をしたりしました。





↑夕焼けもきれいでした。



↑途中からナイター。


 


 


↓利用後は「トンボ」でグランドならしましたが、こんなにたくさんの人数でやるものなんでしょうか


業界のことは詳しくないのでしりませんが、大人数でゾロゾロ、ぐるぐる回る様子は


異様でした。









↑中学生時代ぶりのバスケ


その後、微妙に左足の親指の付け根あたりが


なぜか腫れていて不思議です。何もなかったはずなのに・・・






日ごろ、使っていない筋肉を使ったせいで、腰がちょっと変な感じになりました。


ハーフマラソンを走っていこう運動が足りないせいでしょう。


気合を入れなおして、ランニングを再開したいと思います。


というか9月のレース以降まともに走っていません(笑)


東京マラソンの出場が当選したら練習再開とか思っていましたが、


あっさりはずれたし。来年の大阪マラソンも一応は申し込もうとは思います。


皆さんも一緒に走りましょう!


http://www.osaka-marathon.com/


神戸マラソンもあるようですね。


 

柿渋マスターの代理店も出てきた

無添加住宅の代理店も130社を超えています。


皆様いろんな個性を持った方々。


受注する請負のそのほとんどが「柿渋仕上げ」となっている


代理店さんも出てきました。


 


今までの傾向ではなかったこです。


通常は柿渋仕上げにすると、その分の「手間」と「材料代」が余分にかかるため


打ち合わせの最終段階でよく無くなってしまうことが多かったりします。


 


これからもさまざまな特性や得意分野を持った代理店さんが出てくるでしょう


楽しみです。


 


 



 


 









 

プロフィール

むてんかじろう 無添加住宅西日本

Author:むてんかじろう 無添加住宅西日本
無添加住宅の西日本エリアをぐるぐる回っているスタッフのブログ。2005年スタート。528話あるので1週間に10本読んでも1年かかってしまいます。ご注意下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント