新築なのに欠けているガラスブロック?思い出の一品・・・



↑ 四国の代理店さんでの完成見学会にて

ガラスブロックがなんか欠けているようにみえます。




↑ 実際に欠けてました。




↑ お施主様の奥様の家業のお風呂屋さんの建物解体時に

いつかの新築時に・・・ ということでキープされていたようです。


思い出のアイテムが新築の家の中にかっこよく、自然と入っていました。

数珠つなぎに引き継がれていくといいですね
スポンサーサイト

子どもの住環境を考える会in伊丹「わが子を天才に育てる家」の著者の話を聴こう!


子どもの住環境を考える会in伊丹


の開催のお知らせ

2011年2月6日(日)13:30~スワンホール(兵庫県伊丹市立労働福祉会館)


「わが子にとって、本当にふさわしい空間ってどんなものかしら?」

「落ち着いて勉強できる空間を与えたのに勉強に身が入らないのはなぜ?」

「子供たちの才能がぐんぐん引き出される家の使い方ってあるのかしら?」

「まだ小さいけど、家の使い方で子供にも影響するんだとしたら・・・」

「子供たちも大きくなったのでそろそろ家の使い方を見直さなきゃ」

「自分が子供のころに与えられなかった部屋を与えたいんだけど・・・」

「自分は、子供のころの住環境の影響を受けている感じがするんだけど・・・」

「これから新居を建てるのにどんな準備がいるんだろう・・・」

「我が家は家を建ててもいいのだろうか・・・」


雑誌やインターネットでも、最近は子供に関するいろんな情報が出ていますが、
どうしても情報過多で混乱しがちです。

それをこの「子供の住環境を考える会」では、それぞれに必要な角度で情報を
キャッチし実際の生活に役立ててもらおうと考えています。

また、発起人の八納啓造先生

2009年のオールアバウトの「建築・設計」のカテゴリーで
評価順で一位。人気順で二位。という知る人ぞ知る有名人です。
(これらの順位表示はもうなくなったようですね)

また、2010年の10月16日にPHP研究所から

「わが子を天才に育てる家」















わが子を天才に育てる家
八納 啓造
PHP研究所

    




というタイトルで本を出版されました。

「その子本来の才能に気付き、それにワクワクしながら取り組んでいる状態は
まさにその子の天賦の才=天才性を育てている」
という意味で天才という言葉を使っています。

書籍通販サイトの「アマゾン」の建築総合部門で1位となったり
業界に新風を吹き込まれました。
まだ読まれていない方は是非ご覧ください。



八納先生より↓

これまで数回の同テーマのセミナーを開催して一番実感したのは、
まだまだ住環境の基本的な知識が世の中に広まっていないものの、
一度その知識などを取り入れることで、このときの参加者のみなさんのように
大きな気づきがあるんだということでした。

また、

家族の絆を育む住環境とは?

というテーマで、家づくりを長年研究してきて、
子供部屋の在り方や家自体の使い方が子供の性格形成などにも大きく影響してい
ることを実感しました。

この会では、基本的に私、八納啓造がリードしていきながら進めてきますが、
家族カウンセラーをはじめ、お金の専門家、整理整頓のプロ、共感していただい
ている工務店さんなど、テーマによってサポートをしていただいています。

今回は「子どもの住環境を考える会in大阪」第一回、第二回に参加していただき
私の考えに共感していただいた兵庫県尼崎市の有限会社遊友建築工房様が
主催となり企画運営等をしてもらっています。

今回の住環境を考える会では、

▼子供部屋の在り方のルーツを知る

▼自分たちの家族にあった、子供部屋の在り方を知る

▼子供の才能がぐんぐん伸びている家庭の家の使い方とは?

▼子供のころに住んでいた部屋のインパクトを知る

などをメインにお話ししていき、冒頭で挙げたような方々の声にもお答えしよう
と思います。

↑ここまで八納先生



住環境を
「住まう」と「環境」を意味をわけて考えます。
「住まう」:生活習慣、価値観、夫婦関係、親子関係
「環境」:間取り、素材、色、音、水、磁場、におい

この会では、「住・環境」というところの特に「住まう」というところを
深く掘り下げます

「こういった間取りであれば、学習環境が身につく」とか
「このカラーであれば・・・」
のスキルや情報的なことはこれからもどんどん情報が
増えていきますが、「住まう」というところの概念は
劇的に変わるということはありません。


無添加住宅でこれから新居を検討されている方
住環境にまつわる疑問などを持っている方、ご参加いかがですか?

小さなお子さんがおられる方も、会場の後ろにスペースがありますので
一緒にお越し下さい。


●詳細や申し込みは下記の通りです。

---------------------------------------------
開催日時 2011年2月6日(日)13:30~15:30
13:00開場
開催場所 スワンホール(伊丹市立労働福祉会館) 
             伊丹市昆陽池2丁目1
駐車場は最初の1時間は無料、以降30分150円 

参加費  無料ですが、入会費として1家族あたり500円をお願いします。
定員60名 要予約 先着優先

お申し込みは、 メールアドレス まで【2月6日参加希望】と記載の
上、お名前、ご住所、お電話、を記入してメール(iwaida@yuyukenchiku.com)をいただくか、
お電話でお申し込みください。
遊友建築工房 TEL 0120-11-8072




私自身、健康的な環境をもたらす建材を
販売している会社に勤めている関係上、

「すまい」や「住環境」にはとても気になりますし、
健康建材のカテゴリーではすでにマニアです。


しかし、「プランニング」「暮らし方」「使い方」「空間」 となってくると、
まだまだ煮詰める作業が残っています。
わが子も今年で5歳にもなるし、
我が家の住まい方、わが子の住環境が気になってきます。
伊丹地域、宝塚地域、尼崎地域の方、ご参加いかがでしょうか?


お施主様、家の黒板にメッセージなう

四国の見学会の準備中におじゃまです。


お施主様、みずからがおうちに造った黒板に


来場される方々へメッセージを書き書き。


 



 


 



↑ 足元にかわいいお子さんがいるのに恥ずかしがって隠れてしまいます。残念。


 



 



 


 

ラウンジの雑誌に熊本の横谷社長が!

熊本空港から大阪へ飛行機で帰る際、


ラウンジに並んでいる雑誌を読んでいると・・・


 



↑エスプレッソという雑誌


 



 


↑ パラパラ めくってみていると・・・・


どこかで見た顔が・・・


 



↑ 熊本の代理店ファミリアホームの社長、横谷社長が記事として出ているではありませんか!


ぶったまけです。



 


↑ 「無添加住宅」の単語もちゃんと出てきています


 


 



 


↑ どうも三冊目の書籍の発行の予定がすでに進行しているようです。


非常にたのしみですね。


 


 


なんとくなく手にとった雑誌にさっきまで会ってしゃべっていた人が出ているとなんか


うれしくなりますね。

エコチル調査って?

 


毎日新聞 化学物質:子供への影響調査 13歳まで追跡 環境省




毎日新聞 エコチル調査:化学物質影響追跡、長浜市が参加 胎児から13歳まで /滋賀


日経新聞 化学物質の影響、10万組の親子対象に追跡調査 環境省


ぜんそくやアレルギー疾患、精神疾患(自閉症など)と生活環境の関連が国レベルでスタートしました。


食べ物はもちろん、生まれた時から母体経由で継承された化学物質の量の個人差なども


この調査で明らかになるかもしれません。


この中で「無添加住宅」にお住まいの方が調査データに居られたりすると


どうなるのか?非常に気になるところです。


 


エコチル調査↓ 環境省


http://www.env.go.jp/chemi/ceh/index.html

大阪の展示場の水槽の水草が成長しすごいことに。

 



↑ ↓ 気がつけば、昨年からある熱帯魚の水槽の水草がめちゃくちゃ成長して、


ジャングルのようになってきました。三分の一が水草?えびもたくさんいるのにほとんどみれません。



 



↑ スタッフにより散髪、草刈。



↑ ↓ ざいぶすっきりしました。まだいけるかな?


髪の毛や、眉毛と同じでいじりだすとどんどん切ってしまいそうだなので


とりあえずここでストップ。



 


 



 


暗くなるときらきら光る系の魚(ネオンテトラであってますでしょうかね?)は良いですね。


ずーと見てしまいます。

フィギュア高橋大輔 関連ブログ のところで紹介されたのはなぜか?




検索サイト goo の スポーツ欄にある


フィギュアスケート 高橋大輔 さんのコーナーの


「高橋大輔 関連ブログ」になぜか


無添加住宅の社員のブログ の記事がリンクされました。


なぜでしょう?


詳しくはコチラをよーく見てみてくださいね


無添加住宅検定 合格者発表!!


http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/3a7e075050b947ba380c37cadee7d9d0

シンゴンで子ども用の机を作った

子どもも今年で5歳になるので、そろそろ自分用机がいるな


ということで余ったシンゴンのハギレで机を作りました。


作ったというより、板を切って足を付けた だけですが。


 



 


↑ イスはWOODY PUDDY


 


 


↓第一段階がこれ


足はホームセンターで売っていた丸棒



 


 


 



↑↓ 足の横にフック用の板をつけ、フックをつけたところ。



 


 



 


子どもは大変 気に入ってご飯もここで食べ始めました。


シンゴンの板は軽いので、小さな子どもでも自分で持ち運びが出来るので


遊牧民のように自分の好きな場所で(親に近い場所で)


塗り絵をしたり、ドリルをしたり出来ます。


 


小学生未満のお子さんにはシンゴン材の机を


作ってあげることをオススメしたいです。

上級者プランナー研修

 


 



 


全国の代理店さんの中の一部の方に始まったプランナー研修。の休憩中の様子をパシャリ。


本来はお休みの日の方も多く、絶え間ないスキルアップへの努力に頭が下がります。


 

互例会でおもちつき



先日、行われた代理店さんたちとの新春の「互礼会」で


おもちつきを行いました。「女子」から男性までさまざま皆様のご協力で


おいしくつきあがりました。ありがとうございました。


 


現場での杭打ちや日ごろのゴルフのスイングで


慣れている方は手馴れたもので迫力満点、ホテルの床が地響きしておりましたよー

新春のつどい 迫力和太鼓 欅座

新春のつどい 迫力和太鼓 欅座



 


福岡の代理店さんの2011年新春のつどいにて


毎年、迫力の和太鼓にてスタートします。


兎年にちなんで、景気もリズムも「跳ねる」年になりますように。


 


和太鼓の迫力を伝えたかったのですが、


携帯の動画では、ちょっときついですね。


来年はちゃんとビデオカメラを構えたいです。


 


 


 


 

ニッポンの注文住宅2011に掲載?!

1月7日発売の「ニッポンの注文住宅2011」に「無添加住宅」が掲載してありますが・・・・















ニッポンの注文住宅2011 (リクルートスペシャルエディション)
リクルート
リクルート

 


 



 



↑ 設計/施工 が「無添加住宅」になってますが、


これは福岡の代理店さんの「香椎建設」さんが設計/施工した物件ですよー


http://www.kashii-kensetsu.co.jp/

おもちつき!

 



 


無添加住宅のハッピを着て、ペッタンペッタン!


皆さん毎年されているので、手馴れたものです。


↓ つき終わると別のスタッフがすぐにウスが冷えないように熱湯であっためます。


すばらしい連携プレーでした。



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

インドネシア人(スタッフが新郎だった)の結婚式に出席した際の新郎とSNSで7年ぶりコンタクト

 


 


 



↑一番左が日本人のわたし。


 


イマドキのネット社会はすごい。


SNS(ソーシャルネットサービス)は世界的につながってしまうのです。


日本人参加者が多いMIXIには無いかもしれないが、外国産のSNSは海外で知り合った人と


数年のブランクを経ても、簡単につながり、「元気?」みたいなやりとりが出来てしまいます。


彼が私のメールを知っていたわけでも無く、アカウントを知っているわけでもなく、


人つたいに到達したということが驚きです。


 


 


7年前、仕事でインドネシアに行っていた際、スタッフの内の一人の結婚式がありました。


「うるるん」みたいな感じで参加させてもらいいい経験でしたよ。


 


そのスタッフはそれからしばらくして会社を辞めたので、


その後、どこで何をしているのかもまったく関係無いことでした。


 


しかし、先日、突然、お友達申請的なアクションがぴょろんと。


よくみると、私が7年前に結婚式に出席させてもらったスタッフからでした。


すぐにその時の写真を送ってあげました。


彼の返信も早く、結婚式の時に私があげたハンカチかバンダナのようなものを


まだ持っていてくれているとのこと。


なんだかしみじみ。


 


7年前のインドネシアではPCを持っている人自体が少なかったですし、


彼自身もデータをもらってもどうしようもなかったでしょうし。


 


 


 


 


 






 





インドネシアでの結婚式での様子 2003年 その1 音声無し


 


インドネシアでの結婚式での様子 2003年 その2 音声無し


 


インドネシアでの結婚式での様子 2003年 その3 音声無し


↑結構、おどりなれてます。


インドネシアでの結婚式での様子 2003年 その4 音声無し


 


カメラで動画が撮影出来るということを皆知らないので、その説明をなんとなくする

2月6日伊丹で「子どもの住環境を考える会」 八納啓造講師 (遊友建築工房主催)

子どもの住環境を考える会in伊丹


の開催のお知らせ

2011年2月6日(日)13:30~スワンホール(兵庫県伊丹市立労働福祉会館)


「わが子にとって、本当にふさわしい空間ってどんなものかしら?」

「落ち着いて勉強できる空間を与えたのに勉強に身が入らないのはなぜ?」

「子供たちの才能がぐんぐん引き出される家の使い方ってあるのかしら?」

「まだ小さいけど、家の使い方で子供にも影響するんだとしたら・・・」

「子供たちも大きくなったのでそろそろ家の使い方を見直さなきゃ」

「自分が子供のころに与えられなかった部屋を与えたいんだけど・・・」

「自分は、子供のころの住環境の影響を受けている感じがするんだけど・・・」

「これから新居を建てるのにどんな準備がいるんだろう・・・」

「我が家は家を建ててもいいのだろうか・・・」


雑誌やインターネットでも、最近は子供に関するいろんな情報が出ていますが、
どうしても情報過多で混乱しがちです。

それをこの「子供の住環境を考える会」では、それぞれに必要な角度で情報を
キャッチし実際の生活に役立ててもらおうと考えています。

また、発起人の八納啓造先生

2009年のオールアバウトの「建築・設計」のカテゴリーで
評価順で一位。人気順で二位。という知る人ぞ知る有名人です。
(これらの順位表示はもうなくなったようですね)

また、2010年の10月16日にPHP研究所から

「わが子を天才に育てる家」















わが子を天才に育てる家
八納 啓造
PHP研究所

   




というタイトルで本を出版されました。

「その子本来の才能に気付き、それにワクワクしながら取り組んでいる状態は
まさにその子の天賦の才=天才性を育てている」
という意味で天才という言葉を使っています。

書籍通販サイトの「アマゾン」の建築総合部門で1位となったり
業界に新風を吹き込まれました。
まだ読まれていない方は是非ご覧ください。



八納先生より↓

これまで数回の同テーマのセミナーを開催して一番実感したのは、
まだまだ住環境の基本的な知識が世の中に広まっていないものの、
一度その知識などを取り入れることで、このときの参加者のみなさんのように
大きな気づきがあるんだということでした。

また、

家族の絆を育む住環境とは?

というテーマで、家づくりを長年研究してきて、
子供部屋の在り方や家自体の使い方が子供の性格形成などにも大きく影響してい
ることを実感しました。

この会では、基本的に私、八納啓造がリードしていきながら進めてきますが、
家族カウンセラーをはじめ、お金の専門家、整理整頓のプロ、共感していただい
ている工務店さんなど、テーマによってサポートをしていただいています。

今回は「子どもの住環境を考える会in大阪」第一回、第二回に参加していただき
私の考えに共感していただいた兵庫県尼崎市の有限会社遊友建築工房様が
主催となり企画運営等をしてもらっています。

今回の住環境を考える会では、

▼子供部屋の在り方のルーツを知る

▼自分たちの家族にあった、子供部屋の在り方を知る

▼子供の才能がぐんぐん伸びている家庭の家の使い方とは?

▼子供のころに住んでいた部屋のインパクトを知る

などをメインにお話ししていき、冒頭で挙げたような方々の声にもお答えしよう
と思います。

↑ここまで八納先生



住環境を
「住まう」と「環境」を意味をわけて考えます。
「住まう」:生活習慣、価値観、夫婦関係、親子関係
「環境」:間取り、素材、色、音、水、磁場、におい

この会では、「住・環境」というところの特に「住まう」というところを
深く掘り下げます

「こういった間取りであれば、学習環境が身につく」とか
「このカラーであれば・・・」
のスキルや情報的なことはこれからもどんどん情報が
増えていきますが、「住まう」というところの概念は
劇的に変わるということはありません。


無添加住宅でこれから新居を検討されている方
住環境にまつわる疑問などを持っている方、ご参加いかがですか?

小さなお子さんがおられる方も、会場の後ろにスペースがありますので
一緒にお越し下さい。


●詳細や申し込みは下記の通りです。

---------------------------------------------
開催日時 2011年2月6日(日)13:30~15:30
13:00開場
開催場所 スワンホール(伊丹市立労働福祉会館)
             伊丹市昆陽池2丁目1
駐車場は最初の1時間は無料、以降30分150円 

参加費  無料ですが、入会費として1家族あたり500円をお願いします。
定員60名 要予約 先着優先

お申し込みは、 メールアドレス まで【2月6日参加希望】と記載の
上、お名前、ご住所、お電話、を記入してメール(iwaida@yuyukenchiku.com)をいただくか、
お電話でお申し込みください。
遊友建築工房 TEL 0120-11-8072




私自身、健康的な環境をもたらす建材を
販売している会社に勤めている関係上、

「すまい」や「住環境」にはとても気になりますし、
健康建材のカテゴリーではすでにマニアです。


しかし、「プランニング」「暮らし方」「使い方」「空間」 となってくると、
まだまだ煮詰める作業が残っています。
わが子も今年で5歳にもなるし、
我が家の住まい方、わが子の住環境が気になってきます。
伊丹地域、宝塚地域、尼崎地域の方、ご参加いかがでしょうか?

プロフィール

むてんかじろう 無添加住宅西日本

Author:むてんかじろう 無添加住宅西日本
無添加住宅の西日本エリアをぐるぐる回っているスタッフのブログ。2005年スタート。528話あるので1週間に10本読んでも1年かかってしまいます。ご注意下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント