第八回六甲縦走キャノンボール大会完走!サブ8達成

 六甲縦走キャノンボールラン http://www.facebook.com/cannonballrun56/info


なんやかんやと3回目の出場しました。過去三回の中でいいタイムで走れました。


こんな表現は変ですが、「サブ8」達成。8時間未満でのゴール達成です。


距離は公称56キロ。でも登山道なので56キロでも8時間切るのは結構たいへんです。がんばりました。


 


今回、自分で一番驚いたのは、


今回の3回目が「もっとも練習出来ていない」という「つもり」でいたのです。


だからタイムも同じくらいでもいいかなと。


結果、過去一番早く走れてました。


さて、auのRun&Walk の過去の自分のランニングデータを見なおしてみると。。。


実は今回が一番練習してました(爆) 


直前の3週間は去年1回目の倍以上。


でも自分の体感では一番していないような気がしていたのでした。なんでやろ。


自分の体が怖い。


と言っても


2012年11月 9.6km 12月 23km   1月 45km  2月 63km 3月81km とそんなに詰め込んだものではないのですが。


逆に言うならば初回はこの練習量の半分でキャノンボールしていたからかなりきつかったのかも知れない。


まぁ初回はキャノンボールの4ヶ月前に神戸マラソン走っていたらから体がある程度出来ていたのかも。


 


またもやボランティアスタッフのお助けによって、癒され、走り抜けられたのは言うまでもありません。ありがとうございました。


また、道を譲ってくれたハイカーさん、声援をくれたハイカーさんや道連れになったランナーにも感謝を述べたいです。ありがとうございました。



 ↑ 今回から完走証が手渡されることに。「走った感」出ます。


 


 ↑ スタート前の様子。この中にすでに往路56キロを夜中に走って折り返しをされる方が何十人もいるのです。



 ↑shingo師匠と同じポーズをしてしまう。


 



 ↑ 掬星台のエイドステーション。ここでカップ麺で腹ごしらえさせてもらう。最高です。


   バンテリンを入念に擦りこむshingo師匠。ここで私が先にスタートをしてshingo師匠とわかれる。



 ↑ 掬星台の次のみよし観音エイド。


内容が豪華!うまい饅頭とコロッケ↓ 掬星台のエイドでしっかり食べてしまったので、食べたいのに食べれない!



  


 ↓ 再度エイド 。例のお酒しかないエイド。今回は活力アップのためなのかエロマンガまでおいていました、ジョークが効いてます。



 ↓ 新しい顔出しボード。新しい、新しくないがわかってしまうのが怖い。



 


↓ コース終盤の馬の背。ここからの景色が好きだ。



 ↓ 雲が切れた時はいい景色。



↓ ゴールテープも刺繍製になってた!ちょいちょいスゴイ!レベルあがってる!と感じた第八回レースでした。



 ↓ 今回も前回と同じ量の食べ物と2リットルの水(アリスト社のコンク混ぜたもの)を担いでました。


エイドが充実していたこともあり、食べ物余りましたねー。半分の量でよかったかな。



 ↓ レースのボランティアスタッフさんが撮影してもらっていた方が公開していたさくらの画像。


レース中しんどすぎて、ちゃんと見る余裕もなかったさくら。実は綺麗に咲いていたようです。


次回は(次回も走るのか?)心に余裕をもってトライしたいです。



主催者のブログ http://www.go-kenkoudou.com/news/2013/03/post_349.html


            


過去のブログ 第六回六甲縦走キャノンボール大会に参加!


      第七回六甲縦走キャノンボールランに参加、完走!


 


アメリカでも朝ラン。2013年09月09日 19時45分46秒


初めてフルマラソン参加してなんとか4時間44分 2011年11月 神戸マラソン


ディズニーランドハーフマラソン走ってきました。 2010年9月 アメリカ アナハイムでハーフマラソンいきなり海外へ


第22回大阪リバーサイドマラソン ハーフを完走! 2009年 はじめてのマラソン ハーフでデビュー

スポンサーサイト

岡山で初めて餅まき上棟に参加させていただきました。

岡山の代理店コラボハウスのスタッフが自宅を建てることになりました。


その上棟式のあと、餅まきをすると聞きましたでの、参加させていただきました。


意外になかなか餅まきをされる上棟に出会うことがなく、これが初めての体験です。


いい経験をさせてもらいありがたいです。


 


↓まずは上棟式。四方を清めてます。



 


↓ ものすごく大量のお菓子とお餅をバンバンまきます。



↓ 餅もお菓子も宙に舞います。風が無くてよかった。



↓ キャッチしきれずに地面に落ちてしまった分をワイワイ拾います。盛り上げてくれるご近所の方もありがたい。



 


↓ 一仕事終えた、男の笑顔が眩しいです。



 


↓ 一家で記念撮影。内田さん上棟おめでとうございます。貴重な餅まき参加出来てよかったです。


餅まきが終わってさぁ帰ろうかとなったあたりから雨が降ってきました。


まるで餅まきが終わるのを待っていたかのようです。


スピリチュアルな表現は好みませんが、今回ばかりは「神がかり」な天気だったと思います。


内田さん持ってます。



↓フェンスでも宣伝。


熊本でも総合展示場に無添加住宅のモデルハウスがオープン


とうとう九州に初の総合展示場へ無添加住宅のモデルハウスが出来ました。


熊本の総合住宅展示場 光の森とーくらんど http://www.hikarinomori.com/access.html


JR光の森駅から徒歩3分。駅から無添加住宅のモデルハウスが見えています!ゆめタウン光の森の目の前!遊びも買い物もなんでもありの好立地


ぜひ一度、体感しにご来場してほしい。いろいろなアイデアやデザインが仕込まれています。


詳細はご来場いただいてのお楽しみに~


 


 


資料請求はこちらへhttps://www.mutenkahouse.jp/request/

正倉院正倉整備工事第3回現場公開の見学

樹林ホーム(千葉)さんに誘われて、奈良の「正倉院」へ見学へ行って来ました。


「正倉院正倉整備工事第3回現場公開の見学」というイベントを宮内庁が主催していたのです。


http://www.kirinhome.co.jp/  正倉院http://shosoin.kunaicho.go.jp/shosoinPublic/top.do



↑ 宮内庁の方にとってもらう。こんなことさせてよいのだろうか。


 


↓  屋根の部分にあがりました。瓦を剥がしたあとの様子。秋田社長の説明に聞き入る山根さんたち。



↓ 大正自体の改修工事の際に使われた銅板の水切り。ちゃんと残っています。



 



↑ ↓ 奈良時代の瓦から歴代の瓦と、いろいろ混ざって施工されるようです。屋根材が1000年超で混じって


施工されているってはかり知れないです。今回も新しく追加される屋根もあるようで、それが次の100年後に


何枚使えるようになっているのか興味深いところです。古くてもチェックして使えるものは使う、


新しくてもダメなはものはチェックしてはじく。すべての瓦をチェックするのは大変だ。


だが、それで8世紀の時代の瓦が現役で利用されていることがすごい。



 


もちろんこの時代のもので石油から作ったような材料はどこにもありません。


シンプルだが、本当に長期利用に耐えれる。耐えてる。


 


↓ ついでにそばの東大寺に。 人と比べると大仏さんはデカイ。



 


↓ ネットでも別の意味で評判の蝶。大仏さんのそばにいます。


空想の蝶であるのは間違いないのですが、なぜこのデザインがここに?というのが誰もわからない。


なぜ八本足?なぜ触覚ない?羽のさきっちょがなぜ2つに?なぞだらけ



 


 


資料請求はこちらへhttps://www.mutenkahouse.jp/request/

岡山で新築分譲マンションで

↓ 足場が一部はずれた工事中の新築マンション。


その一室に無添加住宅オリジナル漆喰とイン松と、イン松での造作収納が施工される物件があります。


通常はマンション全戸同じ仕様ですが、この分譲マンションは各戸個別で打ち合わせをするといった


大胆な取り組みをされているところでした。施工業者が無添加住宅の代理店であったこともあり、


無添加住宅への仕様変更が実現したわけです。



↓漆喰の袋と高層階からの眺め。見慣れないショットです。



↓ 岡山は平野が広がっているせいか、高いマンションは少ないようです。


いつもの戸建からの景色とはまた違ったものを感じます。



 


資料請求はこちらへhttps://www.mutenkahouse.jp/request/

昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 2005年「無添加住宅!いう本の要約のもうひとつ」

 


無添加住宅!いう本の要約のもうひとつ


2005年07月05日 18時12分50秒 | ☆お勧め書籍


http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/dbb26e31b20998abd00dd31ef723670a


無添加住宅!いう本の要約のもうひとつ

弊社社長の出した本の要約をもうひとつあげます。

ちょっと行間を読みすぎな気もしますが、
「こんな違ったものの見方とかがあるんだよ」 
というものです。

無添加住宅のことと離れすぎて、ちょっと飛びすぎかもしれませんが、
この「新しい視点やライフスタイルの提案」は
実は、弊社の会社の裏テーマのようなものになっているように感じます。
日常の便利さを我慢したり、表面上のきれいさを追い求めたりしない…

もっとも、既存の日本の法律や業界自体を否定気味に捉えているので、
その「替わり」と言ったらおかしいですが、弊社の理想とする「視点」を提示しているだけなのですが。


弊社秋田のこの独特な着眼点、行動力は
一般の人には非常に真新しく感じるのだと思います。

私はすでに感化されてしまっているので、
その感動もありませんが、
はじめてのお客さんは、お帰りの際には目をキラッキラッさせて
帰られる方が多いです。

代理店を通じてどこまでの人に伝えられるかわかりませんが、
トライしつづけたいと思います。


 















無添加住宅!―化学物質を使わない、世界でいちばん自然に近い家
秋田 憲司
サンマーク出版

第八回六甲縦走キャノンボール大会に向けて

次の参加で3回目となる六甲縦走キャノンボール大会が


あと19日となってきました。


どんな大会かというと六甲山系の56キロあると言われる(実際は45キロ?)全山を走ってしまう大会です。


http://www.facebook.com/cannonballrun56


体重が73キロとまったく落ちる様子も無いですが、大会までには少なくとも70キロに落とさないとやばいです。


3回目となると、なんか油断して練習が疎かになるなぁ、以前はもっと前から結構仕込んでましたが、


前回の練習より少なく、ぎりぎりの練習で、前回と同じ結果を出せるか?というふうになってます。


 


たまに練習で六甲山に入った時の写真です。


12月は雪もなく、常緑樹が良い感じです。



↓ 家から六甲山上ケーブル駅までの道中で一番走れる貴重なポイント。ここに至るまでがしんどいのです。



 



↓ 日曜日の午前中はこういったところを自転車で降りていく強者達もいます。歩いて下るもの危険なのに


命知らずな人たちです(笑)



 


↓ 2月の寒い日、山の北側の日陰のところの雪は溶けません。



 


↓ こんな霜柱を目にするのは始めてです。


これまでは寒い時に山に入って練習などはしてなかったので見ることもなかったのです。



 


↓ 六甲山上ケーブル駅の上にある展望台から 大阪湾に向かって。左にあるのは六甲アイランド



↓ 1000万ドルの夜景って昔から表示があります。100万ドルでないのがポイント。ポーアイが見えます。



 


2012年11月 無添加住宅 原点視察旅行の際のスライドショー

2012年11月 無添加住宅


 原点視察旅行の際のスライドショー



 


 


2012年11月に「無添加住宅」の代理店を対象にした視察旅行を行いました。
この動画は、このブログで利用した画像のスライドショーです。

すごい戸建て賃貸が建築中


 


外壁にサビ御影石をズバッと貼ったおうち。


このおうち、実は賃貸用です。御施主様はすでに無添加住宅のお住まいです。


さらに賃貸用に無添加住宅をもう一棟と。石屋根のクールーフも使ってます。


すごい、すごすぎます。 


詳しくは香椎建設さんまで

プロフィール

むてんかじろう 無添加住宅西日本

Author:むてんかじろう 無添加住宅西日本
無添加住宅の西日本エリアをぐるぐる回っているスタッフのブログ。2005年スタート。528話あるので1週間に10本読んでも1年かかってしまいます。ご注意下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント