完全予約制完成見学会in神戸

神戸市の海の見える垂水区にて完全予約制のシークレット完成見学会がされておりました。


シックハウス保証付きのSタイプ無添加住宅です。http://m-stucco.jp/


 



↑ ロフトの手すり壁のところの3Dカーブは無添加住宅オリジナル漆喰ならではの表現ですね。


↓ ロフト床材をそのままみせている天井



 


↓ オープン前の打合せ風景をパシャリ


  造作キッチンがお店のようですね



 



↓ コーラルストーンは借金してでも貼ってほしいオプションです。



 


 

スポンサーサイト

福岡県(九大学研都市駅)で新しいモデルハウスがオープンしてます!

 


福岡市西区西都にて香椎建設さんが二棟目のモデルハウスを完成しております。


http://www.kashii-kensetsu.co.jp/jirei/modelhouse2.html#c-content


香椎建設さんは


2011年無添加住宅最優秀デザイン賞 内観賞


2012年無添加住宅最優秀デザイン賞 特別賞


2013年無添加住宅最優秀デザイン賞 外観賞と3年連続で


受賞されています。


その設計担当者の城戸さんの渾身の力作のモデルハウスがこちらです ↓


 


 


 



 



 



 



 


 



↑ 糸島の海に近いということもあり、マリンテイストにつくられた無添加住宅です。


  いろいろとご紹介したいところですが、コレ以上の紹介はご来場されてのお楽しみに~


  「えっ!このアニメも関連してたんですね!」と結構細部までマリンテイストで統一。


  どこまでの設計者の配慮を読み込んでいただけるか楽しみです。


 


↓ ナイトビュー



 


見学のご予約はコチラです→ http://www.kashii-kensetsu.co.jp/reserve/

愛媛県松山市での完成見学会 新しいトライを少しでも

先日愛媛県松山市での完成見学会に行ってました。


↓ エントランスの上をアールにしてとっても特徴的です。



 


↓ 御影石の天板とシンゴンの米糊集成材での特注キッチン。一般の量販キッチンの高いシリーズと比べるとこのほうが安いかも



 


↓ 椅子兼棚もシンゴン米糊集成材で作製。いろいろな使い方が出来ます。



 


↓ リビングのTVの裏側には柿渋塗りのアカシアフローリングを壁に施工。


  色のアクセントが効きます。有機溶剤で塗装しているわけではないので安心です。



 


↓ 洗面台も特注です。



↓ 今回はスパイスラックを流用という斬新さ。



 


 


↓ お風呂でたところにタオルをラッキングする棚もシンゴン米糊集成材で作製。


  見学者にも好評でした。



↓ ちょっとしたコーナーにもアイデア次第ですね。



 



 


 


↓ みのりホームさんでの2棟目のこの特殊な収まり。


  一般の人にはなんのこっちゃか、よくわからないと思いますが、


  漆喰壁の下に木の「巾木はばき」と言われる部分と


  漆喰壁に段が無い!という形。通常は巾木のほうが大きく、ここで段があるのが一般的です。


  妙なこの段差にホコリが乗ってしまい、通常床を掃除機をかける時には、わざわざ段の上をブラシ付きに替えてかけ直したり


  する必要があってちょっと面倒なのですが、このように段が無いデザインにするとその必要もないということです。


  工務店スタッフもわかっちゃいるが、「こういうものだ」という流れで段があるデザインが当たり前なのですが、


  段が無いのをみると、「こっちのほうが合理的だ」と思います。


  無添加住宅の代理店さんだけに広めたいデザインです(笑)



 


資料請求はお気軽にこちらからどうぞ→https://www.mutenkahouse.jp/request/


 

かびんのつま 二巻目読みました。

 


 



 


重症化編となっているだけあって畳み掛けるように重症化してしまった様子が描かれておりゾクリとします。


リスクがあるものは避けるようにしておきたい、そう思いました。


皆様にもとりあえずは一読しておいてほしい本(マンガ)です。


 ↓ この画面では帯がないので、残念です。
















 


かびんのつま 2 (ビッグコミックススペシャル)


あきやま ひでき
小学館

昔のブログ記事、リバイバルシリーズ 「久しぶりにトリビア 米のり集成材」

久しぶりにトリビア 米のり集成材


2010年08月07日 16時18分02秒 | ★★読んで欲しい記事★★無添加トリビア

http://blog.goo.ne.jp/mutenkahouse/e/cfe5dd32056717a580f0919490bf4f6c


 


 


「無添加住宅」のドアや棚板、キャビネットなどは

一般的な木工用ボンドなどは使わず

「米のり」

を使ったものを使います。


ショールームやモデルハウスに入った際に見える
木と木をくっつけた板が「集成材」と言われるものです。
その木と木をくっつけるものにボンドでは無く

米のり。


ホームページでの簡単な説明↓
http://www.mutenkahouse.jp/idea/02.html



よく聞かれる質問で
「はがれませんか?」


初期の頃は、失敗してコンテナで買った商品を
丸々ゴミにしたこともあります。

設置後、バラバラになったこともあります。

今はそのような問題も乗り越えて作られているので、
安心してもらってもいいと思います。






その工夫は、一般的な作り方と違った「ノウハウ」になりました。

その「秘密」のうちのひとつに


「木と木のくっつけ方」があります。

そして、それは「米のり集成材」の証





ホームセンターのボンドを使った集成材とは違う
「木と木のくっつけ方」をしているんです。





さらに詳しくは

インドネシア松の集成材と
シンゴンの集成材    では「木と木のくっつけ方」が違うのです。

これは「木」の樹種の違い、性能によるものなんです。


↓写真はイン松の「木と木のくっつけ方」のオリジナリティーがわかる部分に
モザイク(笑)かけてみました。
いったいどんな風にくっついているかは、
お近くの代理店さんのモデルハウスやショールームにて
実際にご確認下さいね。






↓ これは左から
イン松の30mmの厚さ、シンゴンの30mmの厚さ、シンゴン16mmの厚さの
の小口(こぐち、断面)です。

実はシンゴンという材料では一般的な接着方法をしています。
イン松だけが特殊なんです。
ホームセンターではシンゴンの集成材なんてものは売っていないので
見比べることもないでしょう。








↑座面をシンゴン材にしたイスの小口。
イン松のように特殊な形状はしていない。
座面以外の下の部位はイン松で作られているというもの。
余り材でつくったこのイスが座り心地がよいと結構、好評なんです。


 ↓ これはパイン材の一般的なボンドを使った集成材の小口(断面)
シンゴン材と小口が同じです。
ホームセンターで並んでいるパイン(松)の集成材と同じです。







米のりが使われているかどうか?のチェックは小学校で習います。

じゃがいもにデンプンが含まれているかどうかを
ヨウドチンキをかけて調べませんでした?
あれと同じ方法で、接着面に塗ってみるとあら不思議が起こるわけです。

教室の後ろにジャガイモを水耕栽培して、しばらくしてほったらかしになり
水が腐り、とんでもない悪臭がしていたことを思い出します。


ヨウ素デンプン反応による実験アラカルト

ヨウ素でデンプン反応

らくらく化学実験 ヨウ素デンプン反応

プロフィール

むてんかじろう 無添加住宅西日本

Author:むてんかじろう 無添加住宅西日本
無添加住宅の西日本エリアをぐるぐる回っているスタッフのブログ。2005年スタート。528話あるので1週間に10本読んでも1年かかってしまいます。ご注意下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント