鞆の浦 江戸時代からの御影石 ポニョの街のヒントになったところ

無添加住宅のパンフレットなどでは、「御影石」と表現しているのですが、花崗岩(かこうがん)と言われる石種の石材名です。


 


花崗岩 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E5%B4%97%E5%B2%A9


 


江戸時代にこの御影石で作られた常夜灯、岸壁などが現存しているのが広島県福山市の南側に位置する「鞆の浦」。


岡山県井原市で見学会のあった際、福山に泊まって朝の暗いうちから走ってみてみました。


江戸時代は物流の拠点で、最先端な街だったのでしょうね。坂本竜馬関連のポイントやグッズも多し。


無添加住宅は石油製品が出来る前の、「江戸時代」の家作りを参考にしているのです。


 宣伝 ↓ ↓ ↓















未来の家作りは、江戸時代に学ぶ。 「無添加住宅」の科学
秋田 憲司
文芸社

 


鞆の浦 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9E%86%E3%81%AE%E6%B5%A6



↑ 「湾」って感じで囲んでます







↑ 江戸時代につくられた「御影石」の常夜灯。アメニモまけず現存している!



↑この岸壁の辺りの御影石も江戸時代のものかもしれない


 



↑ 江戸時代につくられた「御影石」の常夜灯。アメニモまけず現存している!


 


 





 


↓太陽に向かって無理やりシャッター切る





 


↓ 街中



↓ ヒト一人がちょうどいい幅。



 


↓ 制限速度の標識や電柱、雨水用の穴がなれば江戸時代そのままか?



 




 




 


↓福山市教育委員会の看板



 


 


 


 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

むてんかじろう 無添加住宅西日本

Author:むてんかじろう 無添加住宅西日本
無添加住宅の西日本エリアをぐるぐる回っているスタッフのブログ。2005年スタート。528話あるので1週間に10本読んでも1年かかってしまいます。ご注意下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント