室内にはこの種類の木は使わない

無添加住宅検定の合格者には同じみな事実なのですが、


無添加住宅では、室内の内装材に楠や、杉、ヒノキの材料を使いません。


ワーストランキングとしては、クスノキが一番だとしています。


↓ 詳しくはこちらに詳細が記載されていますので、読んでほしいです。77ページから79ページに書いてありますよ。


 あの◯○ちゃんも無添加住宅を知ったきっかけはこの書籍だったりします。















無添加住宅!―化学物質を使わない、世界でいちばん自然に近い家
秋田 憲司
サンマーク出版

 


この前、佐賀のお城の堀を走っていたところ「楠の木おばさん」の顕彰碑がありました。


樟脳の原料に楠の大木を使おうとしたのを守った方の石碑です。



↓ たまに樟脳(ショウノウ)をご存知でない方もおられるので解説。タンスにゴンのような防虫剤に樟脳がありました。


  樟脳の化学式に近い人工的に作ったものが市販されているタンス用防虫剤です。


  楠は虫に強い材料なのですが、かえって強すぎて体の弱い方・過敏な方には害となります。


  防虫剤の原料になるくらい強力なものなんですもの。 


 


  天然・自然のものがなんでもいいとは限りません。適材適所、無添加住宅の室内には使わないものもあります。



別に街にある楠がダメって言っていっるわけではありませんのであしからず。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

むてんかじろう 無添加住宅西日本

Author:むてんかじろう 無添加住宅西日本
無添加住宅の西日本エリアをぐるぐる回っているスタッフのブログ。2005年スタート。528話あるので1週間に10本読んでも1年かかってしまいます。ご注意下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント