三度目の生ハム。自然派ハム工房リーベフラウの豚肉を使う


今回で三回目の作成の生ハム。今回は前回以上に美味しく出来ました。肉をいい肉にしたから?


うすーくスライスすると、ある程度塩味が効いてないと、ちょっと物足りないと感じる。


が、贅沢にブ厚めにカットすると薄味のほうがちょうどいい。


2種類作ってパターンを変えれるようにするのも乙です。


熟成は日々進みますので、「美味しさのピーク」を捕まえるに気を使います。


食べる時期が違うと、「あれ、前より美味しい」とか「2週間前に食べた時のほうが美味しいかった?」みたいなことになります。


もちろん保存もきくのですが、乾燥しすぎるとポークジャーキーのようになるので注意も必要。


食べごろに食べきるのいいかもしれない。


 


 


自然派ハム工房 リーベフラウ 神戸店


http://www.wiener.co.jp/?md=14


徳島の豚肉、ハム、ソーセージ屋さんが二店舗目をなぜか神戸に出店。大阪や東京に比べ近いからかな。


いずれにせよ家の近くに出来てよかったよかった。


元々、子どものお弁当用のウインナーのためにここのウインナーを買っていたのです。


普通のスーパーなどで売っているウインナーの成分を見ると、大体なんだかなーというものが混ざっているのですが、


ここのウインナーはそういうのが入っていないのです。


リーベフラウのパクパクウインナー 原材料:豚肉(徳島県産)、豚脂肪(徳島県産)、食塩、玉ねぎ、香辛料、砂糖


TVCMのウインナーやソーセージ 豚肉、豚脂肪、糖類(水あめ、ぶどう糖、砂糖)、食塩、香辛料、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)


毎日子どもに食べさせるとしたら、どちらを選びます?


我が家はリーベフラウのほうを選びました。


子どものお弁当への登場率はそれはそれは高いようです。頻度が高いものであればなおのこと無添加のものが安心ですよね。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

むてんかじろう 無添加住宅西日本

Author:むてんかじろう 無添加住宅西日本
無添加住宅の西日本エリアをぐるぐる回っているスタッフのブログ。2005年スタート。528話あるので1週間に10本読んでも1年かかってしまいます。ご注意下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント